オールドレンズ:CARL ZEISS JENA DDR TESSAR 50mm F2.8 M42

投稿日: カテゴリー: PHOTO / CAMERA

CARL ZEISS JENA DDR TESSAR 50mm F2.8 M42

々とオールドレンズの話が続きます。CARL ZEISS JENA DDR TESSAR 50mm F2.8 M42、いよいよカールツァイスの登場です。マウントは M42 に突入、オールドレンズのバリエーションが一挙に広がります。1週間に3つのオールドレンズをヤフオクで買ってしまった。買ったレンズはどれも 5,000円未満。レンズ沼ならぬレンズ水たまり。

CARL ZEISS JENA DDR の JENA DDR はカールツァイスが東西に分断された時代に商標上の区分として明記されているもので、カールツァイス・イエナ、つまり東ドイツ側のカールツァイス製ということになります(Wikipedia が詳しいです)。東西分裂前、よって 1980年代のレンズですかね。シリアルナンバーがリセットされているので後期だと思います。DDR とは東ドイツ国内向け製品という意味とのこと。

スペックとしては 50mm F2.8 のテッサーですがこれは実に気に入りました。シャープな絵作りで色合いが凄く好み。絞り開放であってもいたってシャープ。CANON FD 50mm F1.4 SSC のようなことにはならず安心して使えます。逆光には弱いようですが、待撮りには最適です。では見てみましょう。

Hydrangea最短撮影距離は35cm、かなり寄れます。色味も綺麗。

Glass Wall

Showwindow色味は Canon FD シリーズより全然いい。FD50mm は SSC だけど出番はなくなりそう。

Tables思ったままに撮れる。大満足。

Building

Plants店内の照明でも綺麗に撮れます。

Art Shop

今後、下記のアルバムに写真を追加していきます。実は今回買った M42 マウンターには仕掛けがあるのですが、それはまた次回に。

フリッカーにオールドレンズのアルバムをまとめてあります。よかったらフォローください。

CARL ZEISS JENA DDR TESSAR 50mm F2.8 M42

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です