Apple Watch Series 2 : 突然に Apple Watch 、いややっとなのだ

投稿日: カテゴリー: GOODS, PDA / iPhone / iPad / Apple Watch

Apple Watch Series 2

Aple Watch Series 2 なのだ!

実は数日前から Apple Watch を使っている。レビュー云々するほど使えてないが思ったより性能面の問題はない。操作系を全く知らないので、まだよく分からないで使っている。楽しい。 Apple Watch の本格レビューはまた今度にでも。今回は購入までのいきさつ。

Apple Watch のデザインは退屈だと思う

これまで時計に限らず、モノを選ぶのに「迷った」経験がなかった。たいがいに見れば「あ!これだな」というのがビビっとくるもんだ。 Apple Watch Series 2 が登場してこれまで購入が遅れた最大の理由は、選ぶのに時間がかかったから(老眼で文字盤が見えない、という心配もあった)。最初に予定していた色が、実物をみるとイマイチ、ピンとこなかったのだ。参考になるのかは分からないが、色の選びのいきさつを書いておく。

まず、Apple Watch の時計としてのデザインは凡庸で退屈だ。正直、酷いデザインだと思ってる。

例えば本物の時計のデザインをどれか見て欲しい。シンプルな時計であっても、内側の縁の処理や素材表面処理を複数用いたり、ステージとリムの高さのギャップなどを使って幾重にも複雑な陰影を使い分けている。カシオの Gショックだって立体的に異なる素材やパーツを組み合わせることで面白いデザインになっている。一目では把握できない細かい細部が時計へのワクワク感を作っていると言っていい。

一方、Apple Watch のデザインは1色のフレームに黒くて四角いモニターがどんとあるだけ。シンプルというか単に単純だ。スポーツバンドなんて安っぽいフィットネストラッカーと同じようなもんだ。ま、自分も買ったんだからこれくらい言っても問題なかろう。

だから Apple Watch を買うなら「色の選択」は何より重要と思ったのだ。

いったい何色を買えばいいのか

老眼が進んだのでサイズは 42mm しかありえない。またデザインが凡庸な時計に高い金を払うつもりもない。自分がチョイスできるのは Series 2 のアルミニウムケースまでだ。防水は欲しいから Series 2 でよい。お値段も手頃だ。

「さて何色を買うか」

最初のターゲットはそう、Apple Watch Nike+ だった。特に黄色と黒のボルトカラーはシブい。とにかくかっこいい!
Apple Watch + NIKE
しかし、スペースグレイアルミニウムケースとブラック/ボルトNikeスポーツバンド(名前なんとかなりませんかね)のボディは黒だ。黒い時計。スクリーンも黒だから真っくろ。完全な黒ならともかくスペースグレイ。他のバンドとの組み合わせも、違和感を感じない組み合わせは実に少ない。これがネックになった。

「ボディが金とかありえない」と思っっていたので候補としては、シルバーとローズゴールド。シルバーなら、シルバーアルミニウムケースとフラットシルバー/ボルトNikeスポーツバンド(ホント、何この名前)がグッとくる。Nike のバンドは後から買えないから「これで決まり」と思ってた。

しかしこれの実物がなんかピンとこなかった。何か思ったより奇抜でない。「ホワイトのNikeスポーツバンドもいいよな」と思ってたがこれもそんなに派手でない。シルバーのアルミニウムのボディが時計をつまらない方向に引っ張ってるのだ。ここでスタックしてしまった。

ローズゴールドも検討した。が、これは他のバンドとの相性をすごく限定する。可愛いが、カッコイイ方向に持って行きにくい。

バンドとの相性は個性のないシルバーアルミニウムが最も汎用的。が、これのデザインがとてつもなく退屈。ダメだ、の繰り返し。

  • シルバー:バンドの選択幅広い。退屈な色。
  • ローズゴールド:バンドの選択幅少ない。あと少しなんとかならんのか。
  • スペースグレイ:真っ黒な時計になってしまう。バンドとの相性もおのずと少ない。

昨年秋はこんな状態だった。「あ、ダメだ。欲しいのないや」と。

しかーし、そんなこんなしている時にこれが出た。しかもポチッとやっちゃった(笑)。もう待ったなしだ。

買ったのはゴールド

店頭で全く試さなかったゴールドアルミニウムケース。これが意外に上品でバンドとの相性も思ったより幅広い、ということに気がついた。例えばスポーツバンドの組み合わせは明暗ともにイケる。

一番使うだろうウーブンナイロンのバンドもいいし、クラシックバックルとの相性もいい。なかなかやるぞ!ゴールドアルミニウムケース。

ということでゴールドアルミニウムケースで一気呵成にコンセンサスを組み上げていったのだった。

ベルトとの組み合わせは?

はい、あと少し。ゴールドアルミニウムケースを買うならゴールドアルミニウムケースとココアスポーツバンドゴールドアルミニウムケースとトーステッドコーヒー/キャラメルウーブンナイロン(もう異様な名前、お店で言えない)を選択することになる。しかし、ここは注意が必要だ。

バラ売りのココアスポーツバンドは留め具がシルバー なのだ。なぜ。なぜこんなことになる。ホント、バカか?

もちろん、トーステッドコーヒー/キャラメルウーブンナイロン(これお店で言えないだろ、実際言えなかったぞ)もバラで買うと留め金はシルバーだ。本体と買うのは一方。どちらがいいか。自分はゴールドアルミニウムケースとココアスポーツバンド(本体)+トーステッドコーヒー/キャラメルウーブンナイロン(バラ売りバンド)の組み合わせで買いました。全く細部に神が宿ってないよね、ぜんぜんだ。

バラ売りベルトは量販店に入ってこない

さぁ、もう迷う必要はない。このセットを買いに行こう、ビックカメラへ!

が、うまくいかなかった。トーステッドコーヒー/キャラメルウーブンナイロンバンドがないのだ。ソフマップにもない。ヨドバシカメラにもない。ラオックスにもない。オンラインのアップルストアでは「在庫あり」だ。どうなってるんだ?

ビックカメラの店員の話によると、バンドはモデルによっては全く入ってこないらしい。スポーツバンドはともかく、ウーブンナイロンやクラシックバックルは色によっては全く入ってこないとの話。

「前のシリーズでは結局、1回も入荷しなかったバンドが複数あった」「注文してもいつになるか全く分からない」そうだ。で、アップルストア銀座に在庫は、あった。全然ある。たくさんある。なんでこうなんだろう。

ということで購入までのいきさつ。久しぶりに長く書いてしまった。次回は使いごごちなど。

Apple Watch Series 2 : 突然に Apple Watch 、いややっとなのだ」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です