Apple Watch : ワークアウト結果に経路が表示されないケースの対処法

投稿日: カテゴリー: PDA / iPhone / iPad / Apple Watch

Apple Watch Map
Apple Watch のワークアウトには、ガチなスポーツ好きメニュー以外にも、ウォーキングというメニューがある。歩いた結果の消費カロリーや歩いた距離、平均心拍数や平均ペース(走行距離)に加え、歩いたコースを地図上にプロットする「経路」を記録してくれる。

しかし、iPhone のアクティビティアプリで確認すると、いつからかワークアウトの経路が記録されなくなっていた。検索しても対処法がよく分からなかったので、原因と復旧方法を紹介しておく。いつかのためにブックマークよろしく(トラブル系のエントリーのために「トラブル対処」というタグを作ってみたよ)。

Apple Watch ワークアウト

ワークアウトに経路が表示されない原因

Apple Watch マップ表示されない症状は iPhone のアクティビティアプリのワークアウト結果に経路が表示されない というもの。「せっかくの経路が記録されていなかったのか」と少々がっかりしたが、これらの経路は「表示されていない」ということであり、「記録されていない」ということではないようだ。

これは、Apple Watch のマップと iPhone のマップがうまく連携できないのが原因 のようだ。まず、Apple Watch のマップ表示ができない状態 になっていないか確認して欲しい。マップは Google Map ではなく、Apple のマップだ。方眼用紙のような画面が表示されるものの、地図が表示できない状況になっていないか確認する。

ワークアウトに経路が表示されない、復旧方法

Apple Watch を再起動 し、Apple Watch でマップが表示されることを確認する。僕は1回で復旧したが、数回試してだめなら ペアリングを解除 してから再起動するとよい。

Apple Watch でマップが表示されることが確認したら復旧完了。iPhone のアクティビティアプリを開き、ワークアウト履歴を確認して欲しい。Apple Watch に蓄積されていた経路情報がシンクロされ、表示されていなかった経路が復活していると思う。

Apple Watch ワークアウト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です