MainStage 3.3 登場、インターフェイスが少し明るくなった。あ、Alchemy が使えるじゃないか!

投稿日: カテゴリー: MYSTUDIO, RECORDING

MainStage 3.3
は、Logic Pro X は持ってないが MainStage は持ってる。MainStage は Mac の音楽環境をステージで使うことに特化したライブ用の音楽環境アプリケーション。音源やエフェクターセット、ミキサー等の音響系機能があり、UI はステージ視認のために各要素が大きく表示される。DAW からシーケンサーや波形編集を除いた音源・エフェクト・ミキサーセットと思えば分りやすい。

昨日登場した Ver 3.3 の概要は下記の通り。

バージョン 3.3 の新機能
• 一新されたモダンなインターフェイス
• MacBook ProでTouch Barがサポートされ、カスタマイズ可能なキーコマンドのセットでよく使うショートカットにアクセス可能
• ピアノの鍵盤またはスケールモード付き音楽キーボードを使用してTouch Bar上でソフトウェア音源を演奏
• ベロシティとノートリピートを制御中にTouch Barでドラムパッドをトリガ
• 本格的なステレオパンにより、ステレオ信号のより正確なコントロールと個別の操作が可能
• ソフトウェア音源をサイドチェーンソースとして直接割り当て
• バスのルーティングをプラグインのサイドチェインメニューに表示
• MIDIプラグインを使用してプラグインパラメータを独創的にコントロール
• Loudness Meterプラグインが新しくなり、LUFSメータリングをサポート
• Logic Remote 1.3.2をサポート

「一新されたモダンなインターフェイス」と書いてあるので楽しみにアップデートしてみたが違いがよく分からない。見比べてみる。

MainStage 3.3

確かに。でも中央に位置する音源部のインターフェイスが変わらないから、ほとんど変わってない。どこが一新だ?最近のアップルはよく分からん。

久しぶりに MainStage を触って気がついたのは、Logic の EXS24 サンプラーや Alchemy が使えるようになってる。あぁ、そうか。プラグインで収録されているのか。

Alchemy

わーい、Alchemy だー!

EXS24

EXS24 もあるぞ。昔、Logic にはサンプラーがついていいなぁ、なんて思ってた頃を思い出す。宇宙船というか R-TYPE のような UI もそのままだ。

Alchemy を他の DAW で使えないかと思ったけど、MainStage を一緒に起動して IAC バスでつなげば使えるな。ちなみに EXS24 は Audio Units の Apple Sampler で EXS24 のプリセットをほぼ読み込めます。これはさすがに使わないけど(笑)。

MainStage 3
カテゴリ: ミュージック
執筆時点の価格: ¥3,600
Logic Pro X
カテゴリ: ミュージック
執筆時点の価格: ¥23,800

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です