マネージャーに薦めたいウィークリー “フリー” フォーマット(2018年版)

投稿日: カテゴリー: GOODS

マネージャーに薦めたいウィークリー “フリー” フォーマット(2018年版)
年、ウィークリーフリーフォーマット の手帳こそがビジネスマン、特にマーネージメントを行う人に最適である、と書いた(2017年の手帳 : マネージャーに薦めたいウィークリー “フリー” フォーマット)。ウィークリーフリーフォーマットとは、スケジュールが週単位で、加えてフリーな記述エリアがあるフォーマットのことだ。

スマートフォンが普及した現在、手帳の役割は打合せや顧客訪問等の「予定の管理」から、「タスクの管理」に焦点が移っている のだ。

自分のことだけでなく、部下のマネジメントにも追われるマネージャーに薦めたい

ビジネスマンのパフォーマンスを決定付ける要素は (最適な)タスクを立てる、タスクの優先順位を整理するプロセス であり、決してタスクそのものの実行ではない。通常、タスクは時間的な幅があり、その実行は重要度による優先順位付けにより評価・決定される点が、従来の手帳に書き込む「予定」とは大きく異なる。

日々膨大なタスクが流れるビジネス環境を生き抜くには、ただひたすらにタスクをこなすのではなく、優先順位やタスクの〆切を「見渡す」ことがポイントであり、それにはウィークリーでかつ自由記入部が多い「ウィークリーフリーフォーマット」が最適であり、このフォーマットを展開する手帳が増えてきている、と実感している。

昨年の記事 へのアクセスが高いので、ウィークリーフリーフォーマットの啓蒙の意味合いも含め、18年度版の商品紹介をまとめておいた。昨年の記事 を読んだ上で本記事をチェックして欲しい。

ラ・アプス

ここ数年使っているのがラ・アプスの手帳。サイズは持ち歩くにもかさばらないちょうどいい大きさ、紙質が抜群で万年筆で書いても裏うつりしないのがいい。サイズ展開は細かく、自分にぴったりのものを選べる。

このメーカーの手帳サイズは少し細かい。使っていたのは B6 と A5 の中間サイズの C5 。正直、タスクメモを書き込むのに B6 では小さいように感じる。現在の手帳でもタスクを1ページに2列で書くのだが、正直これ以上サイズが小さくなると2列は難しい。そして A5 ではデカい。この微妙なラインに複数のサイズを当てているのが実にいいです。

ラ・アプス こと録手帳 2017

2018年度版は11月始まりのものが出ており、一挙に選択肢が増えた。嬉しいね。今年もラ・アプスにするよ!

ラ・アプス手帳 2018 ウィークリーのバリエーション

エイ出版 ES ダイアリー

「趣味の文具箱」を発行するエイ出版のESダイアリー。ウィークリーノート式を選ぼう。デザインは今年もシンプル。2018年度版は1月始まりとなるようだ。サイズは A5、A6 と B6変。フォーマットもいいし、ばっくり開く作りもいい。個人的にはラ・アプスに比べて遊び心が足りない気がするが、シンプルな手帳が好みの人にはオススメ。

ESダイアリー 2018 ウィークリーノートのバリエーション

ユナイテッドビーズのダイアリー

読みやすいカレンダーで人気のユナイテッドビーズ。ウィークリー フリーフィールドを選択する。ウィークリースケジュールが縦型と横型がある。バリエーションがあるので選んでくれたまえ。

ユナイテッドビーズのダイアリー

このページは新製品情報が出次第、順次アップデートしていくのでチェックよろしく。アップデート履歴はコメントに書いておきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です