watchOS 4 アップデートがこない!watchOS 4 にアップデート出来ない場合の対策

投稿日: カテゴリー: PDA / iPhone / iPad / Apple Watch

watchOS 4
Apple が本日、iOS 11 をはじめとする最新 OS をリリースした。既に iOS 11、watchOS 4、tvOS 11 の配信を開始している。iOS 11祭りだ。そんな中、watchOS 4 にアップデートできない(watchOS 4 を検知できない)現象が発生した。対策方法を共有しておく。

現象としては、Watch アプリでアップデートを確認しても、「watchOS 3.2.3 お使いのソフトウェアは最新です」と表示される。対策は2つ考えられる。

iPhone を iOS 11 にアップデートしていない

watchOS 4 は iOS 11 端末からでないとアップデートできない。iOS 11 にアップデートを完了すること。

これはネットでもみられた対策方法だが、手元の iPhone は iOS 11 ビルド15A372。自分の iOS 11 は通常配信でも Public Beta でもない、Apple Developer Program に近い形式で配信されているが、GMのビルドであり問題はない。

Apple Watch とのペアリングを解除し、再ペアリングする

iPhone や Apple Watch の再起動でも解決しないので、Apple Watch とのペアリングを解除し、再設定することで watchOS 4 のアップデートを検知する方法をとり、解決することができた。

再ペアリングは従来設定のバックアップから復元する方法と、新しい Apple Watch として設定する方法があるが、従来設定からの復元で問題ない。

注意しなければならないのが、Wallet系の設定がクリアされる ことだ。クレジットカードや Suica は再度、iPhone から再度追加する必要がある。クレジットカードは追加するだけなので問題なかろう。気になるのは、Apple Watch
で使っていた「残高がある Suica 」の復元だ。

結論としては残高があるSuica情報も問題なく復元できる。方法は次の通り。

  1. Watch アプリを開く
  2. Wallet と Apple Pay をタップ
  3. カードを追加をタップ
  4. iCloud のパスワードを聞かれるので入力して次へ
  5. カードの種類の Suica をタップ
  6. 「カードを再度追加」が表示されるので残高を確認し、追加して完了
  7. 残高を確認するには Suica 情報を復元後、Suica アプリの「チケット購入・Suica管理」画面から「 SF利用履歴(前日まで)」で確認するとよろし。

iCloud に Wallet 情報は格納されているのでデバイス側の復元は簡単なのだ。うんうん、良かった。

作業時間としては15分程度で完了する(結構かかると思っておいた方がいい)。Apple Watch とのペアリング解除に5分強、再起動や再設定に10分程度かかる。そしてこれらのプロセスは Apple Watch のバッテリーをかなり消費する。充電器を持っていない場合、外出先での作業は避けた方がいいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です