CCCD と著作権改正

投稿日: カテゴリー: SHOWBIZ

複製制御CD 愛好家に不評(読売新聞)、「逆輸入CD」禁止で洋楽海外盤も消える?(読売新聞)という記事。CCCD や著作権改正について、簡潔に背景と問題点をまとめている。大手メディアでこれらの問題について突っ込んで論じている記事はめずらしい。

僕は CCCD は買わないようにしています。だいたいあれは CD ではないし、制作側が必死になって作っている作品を音質などのクオリティに支障が出る独自技術でもって製品化していて、プレーヤーも動作を保証していないようなものにお金を出せません。ただ、買いたいタイトルが CCCD で複雑な思いをすることも多くなってきました。コピー問題は深刻だと思いますが、なら、パチモン CD でお茶を濁す程度でいいのかと思います。CCCD を購入する大半の消費者は「そんなものだなんて知らない」状態になるのを分かっていて導入する。そんなやり方でなく、コピーガードがメディアフォーマットとしてかけられるものでなぜ出さないの。

輸入 CD の国内販売制限は、あれ?そもそもは邦楽アーティストの市場救済のためじゃなかったっけ?。いつの間にか、海外アーティストの国内製造アルバムの保護も入っちゃってる。輸入CDが買えなくなりかねない。市場を狭くしてどーするんだ。値段にあれほどの差がなければ、歌詞カードがしっかりしていて日本語で解説が書かれている国内製造版を買うに決まってるでしょう。

国内の音楽産業がスランプな大きな原因は、ケータイやゲームにお小遣いが移転していることだと思う。だとしたら、音楽産業として「コピー対策」「輸入版対策」について大きく踏み出してもらいたいところ。消費者にしわ寄せをしているようじゃ、ケータイキャリアには勝てないよ。




CCCD と著作権改正」への1件のフィードバック

  1. 読売新聞 記事

    複製制御CD 愛好家に不評 「逆輸入CD」禁止で洋楽海外盤も消える? 大手メディア(読売新聞)も、やっと取り上げています。 国会にも、注目!…

コメントは停止中です。