Canon EOS 80D の RAW が取り込めない

投稿日: カテゴリー: PHOTO / CAMERA

RAW フォーマットを読み込めない

日買った Canon 80D 、OS X El Capitan に読み込んでみて RAW ファイルが取り込めない事象が発生。Finder のプレビューは効かないし、なんと Aperture でも「未対応のイメージフォーマット」と表示されて読み込めない(涙)。Canon 純正の Digital Photo Professional 4 なら取り込めるのでファイルが壊れている訳ではなさそう。

デジタルカメラ RAW 互換性アップデートを確認する

OS X の場合、RAW ファイルのサポートは OS 側が担っている。OS X El Capitan の更新履歴をみると、デジタルカメラ RAW 互換性アップデート 6.20 がかかっており、対象機種にしっかり Canon EOS 80D と書いてある。

デジタルカメラ RAW 互換性アップデート

El Capitan は sRAW/mRAW には対応していない

そういえば撮影の時に見慣れない RAW があり、ファイル量をセーブするためそのフォーマットを指定してた。「まさかこれか?」とあたりをつける。

RAW

これまで使っていた RAW(24M)に加えて M RAW(14M)、S RAW(6M)というのがあって、M RAW を選択していたはず。

試しに3種類の RAW フォーマットで撮影して OS X El Capitan に読み込んだところ、M RAW と S RAW のプレビューは表示されず(また Aperture に読み込めず)、RAW のみ通常に扱えた。うーん、制限ありじゃないか。

Apple のサポートページを探す。なぜか日本語のページは「デジタルカメラ RAW 互換性アップデート 6.19 でサポートされるカメラ」で更新が止まっているので英語のページを探すとあった。Digital camera RAW formats supported by OS X El Capitan には Supported by Digital Camera RAW Compatibility Update 6.20 として Canon EOS 80D* があげられているが、怪しい「*」が付いている。

drawupdateenglish

「*」は *Canon RAW format only という説明が書いてあった。これだ、これかよ。

mRAW / sRAW について検索すると「mRAW の方がノイズが少ない、シャープ」なんて議論が巻き起こっているので避けて通り、あぁ、なんか小さいサイズの RAW ファイルが設定されたんだなぁ、と理解する。RAW(24M)/ mRAW(14M)/ sRAW(6M)の単位は記録画素数で、ファイルサイズでは 28.9MB / 22.8MB / 15.9MB となる。

80D 記録フォーマット

M-RAW / S-RAW を扱うには

現状、これらの RAW ファイルを扱うには、Digital Photo Professional 4 で読み込んで変換するしかない。Digital Photo Professional 4 は純正レンズの補正を再現できたり、カメラ側の画像処理を再現できるのには便利なんだが、いかんせん使い慣れていない。サードパーティのレンズ情報にも対応した Adobe Lightroom に移行するか。うーん。

これまでも OS X のデジタルカメラ RAW 互換性アップデートで Canon mRAW / sRAW には対応してきた歴史があるのでもう少し待ってみますか。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください