スポンサーリンク

シロカの全自動コーヒーメーカー カフェばこ SC-A351 を買いました。テレワークの環境向上にオススメ

GOODS

シロカの全自動コーヒーメーカー SC-A351

ーヒーブレイク。新型コロナウィルスの影響で、ほぼ全ての仕事がテレワークに。会社に出社するのは月に 1、2回くらいで基本、家で仕事をしている。毎朝、コーヒーを飲むのを習慣にしているんだけど、インスタントもかなりの種類を飲んだので、「美味しいコーヒーが飲みたい、やはり豆から挽きたいな」と思いつつ、朝に豆を挽いている時間はない。そこでコーヒーメーカーの登場だ。

シロカの全自動コーヒーメーカー カフェばこ SC-A351

シロカの全自動コーヒーメーカー SC-A351

コーヒーメーカーの要件は下記の取り整理した。

  • 豆を挽くミル機能付き
  • 豆と粉の双方に対応
  • タイマー機能付き
  • エスプレッソ機能はいらん、なるべく小型のもの

いろんなレビューをチェックしたが、シロカの全自動コーヒーメーカーが良さげということに。シロカのコーヒーメーカーは豆挽きの精度が課題という話があったが、ミル用新ブレード搭載モデルが現行モデルのようなのでオーケー。シロカは好みの挽き方を選択できるコーン式の SC-C111 もあるが、値段が高いので カフェばこ SC-A351 をチョイス。

シロカのコーヒーメーカーを簡単にく分けると
形状箱型(SC-A351):最大 4杯、テイスト選択なし、中細挽きのみ、タイマー予約
形状箱型(SC-A211):最大 4杯、テイスト選択なし、中細挽きのみ
コーン型(SC-C111):最大 4杯、テイスト マイルド / リッチ、ミル粒度 無段階調節、豆自動計量、タイマー予約

という感じ。それぞれ、サーバをガラス製 / ステンレス製を選択できる。詳しくは このページで比較して欲しい

自分はタイマー必須なので SC-A351 を選択。定価 27,500円(税込) だが、アマゾンでは 16,280円で買える。リーズナブルだ。

実際に使ってみて

購入したら、給水タンクやサーバ、フィルター部など外せるものは全部外して洗剤で洗う。洗ったら2回程度、水のみで全行程動かして洗浄。電源入れて時間をセット、これで準備は完了だ。レビューでプラスチックの匂いが気になるというのがあったが、ウチのはそうは感じない。熱湯での洗浄を試すといいと思う。

コーヒー豆をセット。豆は軽量スプーンではなく重さで測るようなので、調理用の計量計があると便利。100均で買っておこう。水と豆を投入、タイマーをセットして就寝。

朝はコーヒーメーカーが豆を挽く音で起床。なんという至福

豆を挽く音はそれなりだ。たぶん静かに豆を挽くコーヒーメーカーなどないんだろう。挽き終わるとそんなに音はしない。ノイズというほどでもない。挽く、蒸らす、淹れる、全自動だ。

味はやはりインスタントとは違う。「あー、いろいろなコーヒーを試してみたい!」なんて思う。駅前にカルディがあるので寄ってみよう。

シロカのコーヒーメーカーの給水は最大 0.55L。コーヒーカップで4杯ということだが、自分が使っているマグカップだと約 2杯分強になる。午前中はもつが、お昼にもう一回コーヒーを作る感じ。ルーティンになるだろう。

4杯分で6-7分程度で淹れ終り、自動的に保温モードになる。

使用後にフィルターを洗うのも、構造的に大変ではない。上部をガバっと外して丸洗い。フィルターはブラシで洗うといい。

シロカの全自動コーヒーメーカー SC-A351

取手があって外しやすい

シロカの全自動コーヒーメーカー SC-A351

ちょっと挽ききれなかった豆があるな

テレワーク環境を劇的に変える

シロカの全自動コーヒーメーカー SC-A351

美味しいコーヒーがあると仕事も楽しい。テレワークだとずっと働きづめになりがちなので、コーヒーを淹れる時間を子休憩にするのもいいだろう(いや、大切だ)。キッチンではなくテーブルに置いておける大きさなのもいい。コーヒーを蒸らすいい香りが漂う。

シロカの全自動コーヒーメーカー、おススメです。

GOODS
この記事をシェアしてくれると、とても嬉しい😆
いろんな WAVEFORM LAB をフォロー!
スポンサーリンク
波形研究所 所長

WAVEFORM LAB(ウェーブフォーム・ラボ) は音楽制作、デジタルライフ、イノベーションをテーマとするサイトです。

1997年、伝説の PDA、Apple Newton にフォーカスした [email protected] を開設、Newton や Steve Jobs が復帰した激動期の Apple Computer のニュースを伝えるサイトとして 200万アクセスを達成。2001年からサイトをブログ化、2019年よりサイト名を WAVEFORM LAB に改称、気になるネタ&ちょっとつっこんだ解説をモットーにサイトを提供しています。

いろんな WAVEFORM LAB をフォロー!
WAVEFORM LAB

コメント

タイトルとURLをコピーしました