EOSシリーズ用超広角ズームレンズ2機種を発売

投稿日: カテゴリー: PHOTO / CAMERA

EOSシリーズ用超広角ズームレンズ2機種を発売数日前から写真がサイトにあがっていましたが、EOSシリーズ用超広角ズームレンズ2機種を発売 というプレスリリースが発表されましたね。

キヤノンは、レンズ交換式カメラEOSシリーズ用の交換レンズであるEFレンズシリーズの新製品として、周辺画質の向上を実現した高性能の“EF16-35mm F4L IS USM”と、エントリークラス向けに小型軽量の“EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM”の2本の超広角ズームレンズを、2014年6月上旬より順次発売します。

EF16-35mm F4L IS USM(価格 15万4,000円:税別)は現行超広角ズームレンズ「EF17-40mm F4L USM」と比較して特に画面周辺部の画質を大幅に向上、とのこと。

EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM(価格 4万6,000円:税別、安!)は「エントリークラス向けの超広角ズームレンズ」という位置づけ。小型軽量化(EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM と比較し4割減)と高画質を両立していながら価格が結構安くて、エントリーユーザにも手が届く感じ。EF-S レンズなので APS-C 専用です。

私は超広角が好きで EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM を使っています。ビルなんぞギャンギャンに曲げちゃいたいし、周辺が少し暗くなっても気にしないタイプなのですが、やはり周辺部分は画像のフォーカスが甘くなる傾向が強いので、新しいレンズでどうなっているか興味があるところ。

EF17-40mm F4L USM が10万円台(結構安くなってるんですね)なので、EF16-35mm F4L IS USM はともかく、EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM は安いですね。 EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM は新モデル EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM に比べてレンズも少ないし明るいレンズなんですが、 現時点で 8万円台であることを考えると、超広角が流行っているとしても、ずいぶん安くなったなぁ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください