Lytro illum:撮影後からピント合わせのカメラにハイエンド版

PHOTO / CAMERA

Lytro ILLUM

LYTRO, INCLytro ILLUM という新しいカメラを発表した。LYTRO 独特の「撮影した後でもピントを自由にコントロールできる」カメラ。今度は実にカメラっぽい形をしている。

ハイエンド版の LYTRO カメラは、30 – 250 ミリの光学8倍ズームで、ボケが肝心のこのカメラ、全域で f/2.0 、シャッタースピードは 1/40000秒 だそうです。その他は、microSD / Wi-Fi 機能、タッチパネル、86mm x 145mm x 166mm 940g 、センサーはカスタム設計の40メガレイライトフィールドセンサー。価格は1,599ドル(予約すれば1,499ドルで購入可能)で7月発売開始。

画素密度が4倍、価格は6〜8倍。見た目とともに、一挙に値段が普通のカメラクラスになりました。こういうカメラ大好きなのですが、うーん、ちょっとカメラとしては高いですね。

Lytro Camera

初代の Lytro Camera が独特の形状をしていて面白いのですが、実際、かなり撮影が難しい。トイカメラ風のコンセプト商品なので、また画質もそれなり。

実は Lytro Camera の青いモデルを持っているのですが、全然使ってなかったのでバッテリーが完全に放電してしまってて、この記事の参考に電源入れようとしたのですが、うんともすんとも。現在、充電中。週末にでも撮影してサンプルアップしてみます。

——-
スティーブウォズニアックもオーダしたそうです。

——-
1枚アルバムに残ってました。サンプルです。

PHOTO / CAMERA
この記事が気に入ったら
フォローしてね!
最新情報をお届けします。
この記事をシェアしてくれると、とても嬉しい😆
いろんな WAVEFORM LAB をフォローしよう!
WAVEFORM LAB

コメント

  1. takefumi より:

    Lytro カメラのサンプルをアップしました。