ニンテンドークラシックミニ・ファミリーコンピュータ : なんか懐かしいモノが新製品で出てきた

GAME

famicommini
瞬、空目かと思ったが、新製品だった。なんか懐かしいモノが出てきたぞ、ファミリーコンピュータがコンパクトになって再登場だ。

本体サイズは元祖ファミリーコンピュータの6割程度。コントローラーまで小ちゃくなってる。コンパクトだけどテレビと接続、しかも HDMI 接続。なんと今風な。給電は USB 経由で ACアダプターは別売というローコストオペレーション。税別 5,980円(税込だと 6,458円というところか)。

本体がミニサイズになった、ということでゲームカセットは使えず、30本のゲームソフトをプレインストール。あのアナログな映像を HDMI で出すとは。収録タイトルは こちらのリスト を参照。スーパーマリオブラザーズやグラディウス、ファイナルファンタジー3 といった人気タイトルを収録しつつも、個人的にはアイスクライマーやエキサイトバイク、マリオブラザーズ、ドンキーコングといったクラシックタイトルにクラクラくる。任天堂以外のタイトルもあるのが面白い。
f4
なぜかリセットボタンがセーブボタンという不思議な仕様(ボタン名は RESET となってる)。ゲームタイトルごとに4つまでセーブできるとか。

発売は11月10日。クリスマスプレゼントがこれだと安くて助かる(笑)。PlayStation 4 に行くつもりがノスタルジーアピール強し。あれですかね、そのうちスーパーファミコンも商品化されるんですかね。個人的にはミニサイズのセガサターンが欲しいです。


ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ
任天堂
¥5,951(2020/10/07 15:53時点)
・サイズ:高さ 50.45mm × 幅108.12mm × 奥行き142.47mm(本体にコントローラーをセットした状態) ・質量:約229g(コントローラー含む) ・入力端子:HDMI端子、USB端子(micro-B) ・映像出力:720p、480p ・音声出力:HDMI端子からのリニアPCM2CH出力

GAME
この記事をシェアしてくれると、とても嬉しい😆
いろんな WAVEFORM LAB をフォロー!
波形研究所 所長

WAVEFORM LAB(ウェーブフォーム・ラボ) は音楽制作、デジタルライフ、イノベーションをテーマとするサイトです。

1997年、伝説の PDA、Apple Newton にフォーカスした [email protected] を開設、Newton や Steve Jobs が復帰した激動期の Apple Computer のニュースを伝えるサイトとして 200万アクセスを達成。2001年からサイトをブログ化、2019年よりサイト名を WAVEFORM LAB に改称、気になるネタ&ちょっとつっこんだ解説をモットーにサイトを提供しています。

いろんな WAVEFORM LAB をフォロー!
WAVEFORM LAB

コメント

タイトルとURLをコピーしました