東芝EMI はまだ CCCD(アホ)

投稿日: カテゴリー: SHOWBIZ

昨日のエントリーの通り、CD ショップで物色してたんだけど、買おうと手に取ったクラフトワークのライブアルバムが CCCD 。この期に及んでパチモンの CD を売りつけるのは東芝EMI だ。

僕の CCCD に対するイメージはこんな感じ。「お客さんの CD/DVD プレーヤーが壊れたって責任は取りませんよ」というものを売りつける根性、「リスナーの音楽の楽しみ方を閉じ込めよう」とするメーカーの方針、まったく腹が立つ。それに加えて東芝 EMI は、楽曲データが違法にコピーされ、かつ業界が有望な音楽配信サービスを提供できていなかった「過渡期の産物」である CCCD を未だに使い続けるという「アホさかげん」に飽きれてしまう。

で、東芝EMIがパソコンでの使用を考慮した音楽CDを販売に 【続報付】(CDJournal.com)だよ。「セキュアCD? ハァ↑?」だ。

CCCDどう考えても CCCD だろ。ようは、あのシール(右図)を貼りたくないわけだ。「アレを貼ると売上に響く」という認識があるんだよね。

セキュアCD = CCCD(パチモン)

そんなにコピーさせたくないんだったら DVD-Audio で出せよ。というか、もう出すなよ(苦笑)。もういいよ、東芝 EMI リリースのものは輸入版を買うし、輸入版も CCCD だったら買わないで済ますから。未だに自分の作品が CCCD で販売されていることを恥ずかしく思わないアーティストもアーティストだよな。

ご参考




東芝EMI はまだ CCCD(アホ)」への1件のフィードバック

  1. >どう考えても CCCD だろ。
    物は言い様…っつことで(^^;;
    そういうダメ業界なんですよ(^^;;

コメントは停止中です。