Safari 1.2 タブの問題

投稿日: カテゴリー: COMPUTER

やっぱりエントリーを起こしちゃおう。

Safari 1.2 って、タブの動作がおかしいね。コマンド+クリックでうまくタブを作れないウィンドウが発生することがある。コマンドクリックが反応しなかったり、現在のウィンドに開いてしまったり(で、コマンド+Wで元のページに戻る)、新規タブが動作しなかったり。ちょっとバギーかも。

面白いのがエリアの大きさにあわせてプルダウンのサイズもか変わってくれるみたい。気がついたところをいろいろ書いてみます。

Safari 1.2
クリックで拡大

タブの問題はアドレスバーの描画の問題のようですね。アドレスバーを非表示、表示、非表示、表示と繰り返すと Web ページの表示部分がどんどん上部にめり込んで行きます(苦笑)。




Safari 1.2 タブの問題」への3件のフィードバック

  1. ダウンロードが再開されたのは Safari 1.2 がジャガーをサポートしたからだろうね。
    あと、Safari 1.2 になって「更新(リロード)」の矢印が逆向きになった。

  2. フォーム入力中にリターンを押すと、ちゃんとどのsubmitが反応したのか反転してくれるのが気に入ってます。

コメントは停止中です。