KRK ROKIT Powered Series RP-5

MYSTUDIO

KRK RP-5スパムが取り付くのでコメントをクローズしたモニタースピーカー選びに続くエントリ。自宅のモニタースピーカーを探している件です。 KRK Systems の V4 Series 2 の空気感に惚れてしまった訳ですが、大きさも価格も非常に手頃な ROKIT Powered Series RP-5 を聴いてきました。

RP-5 は実売価格がペアで4万円台と、7万円台する V4 Series 2 とはだいぶ開きがあるわけですが、同じ KRK のスピーカーということで期待が高いところです。実機を置いていたのは渋谷の「鍵盤堂」( Fender RHODES も置いてあった。なんか、怪しい機材が増えた?)です。聴いた感じでは、「まぁ、 V4 Series 2 と比べるとキツいというか、フェアじゃないよな」という感じ。比較的に小さい音量で聴くと低音が分厚くてバランスがキツいです。

方向性としては「素直なモニタースピーカー(低音自信あり)」という感じ。値段からしても納得いくものでしょう。低音と高音のバランスはマンションの自宅用として小さめで聴いたのも影響していると思います。設置方法やエージングで落ち着くんだろうなと思いますし、 HF ADJSTMENT 付き(-2dB から +1dBまで)なので調整可能だと思います。

ま、いかんせん、 V4 Series 2 の印象がバカに良かったので、そんな感じです。お店の人の話ではオリジナルの V4 に方向性が似ているとのことです。ま、好みの問題だと思いますが、今の所、気持ちは V4 Series 2 に向いています。 V4 Series 2 は好評でメーカー在庫切れ中とのことです。 Power Mac G5 にしてもそうですが、8月はすべてがおあずけですね。

MYSTUDIO
この記事が気に入ったら
フォローしてね!
最新情報をお届けします。
この記事をシェアしてくれると、とても嬉しい😆
いろんな WAVEFORM LAB をフォローしよう!
WAVEFORM LAB

コメント

  1. 小型だけど信頼できるモニタースピーカー

    今日はうちで使ってるスピーカーのご紹介スピーカーはKRKV4series2。以前は出張のたびに巨大なラジカセを持って歩いていたんですが、やはりラジカセなんで原音再生とは程遠い出音に悩まされ続けていたので、ここはやはりアンプいらずの小型パワード(アンプ内臓スピーカー)…

タイトルとURLをコピーしました