iPad mini 用のスタイラスペンをはやくも新調

PDA / iOS Device / Apple Watch

Jot Pro
先日、エレコムのスタイラスペンを買ったところだったのですが、そのボコボコとした書き味に満足できず、早くもスタイラスペンをはやくも新調しました。

もともと Newton MessagePad という「しっかりとした、完成されたスタイラスペン環境」に慣れていただけあって、ふわっふわのペンではいかんともしがたく。

選定条件その1は「きちんと書けること」。文字や線を書いている時に反応したりしなかったり、というのは基本性能として高いレベルで要求したい。書いているのに擦れるペンなど、ペンではない。レビューで評価が高いものを選ぶことととした。選定条件その2は「適切な長さがあること」。持ち運びに便利なキャップタイプやショートペンタイプは除外した。選定条件その3は「文字筆記用途のペンであること」。絵画を描く訳ではないので、筆圧感知機能はなくて良い。文字や線を書くことから筆型ではなくペン型を条件としました。

で、いろんなレビューサイトを読みまくった結果、候補にしたのは以下の3本。

  • Su-pen
    「7notes の開発責任者自らが、iPad/iPhone 上で文字を書くことにこだわり続けることで生まれた、 完全オリジナルのスタイラスペン」ということで、書き味にこだわり満載。
  • Jot Pro Dampening シリーズ
    「米国のadonit社がデザイン・開発を行ったスマートフォン・タブレット用スタイラスペン、Jot Proシリーズ。ユーザーの感性を繊細かつ直感的に表現できるツールとして、また実用性のみではなく、それ自身が独自のスタイルを持ったひとつのアートとして誕生し、高い評価を受けています」とのこと。
  • Wacom Bamboo Stylus solo
    「Bamboo Stylusは、iPadやGalaxyのように指で操作するあらゆる端末で使うことができるスタイラスペン」。タブレットといえば Wacom の高い評価と安心感。

実際にこれら3本は店頭で試し書きをして決めました。

最初に触ったのは Jot Pro(Dampening)。ペン先に円盤というのは抵抗があったのですが、実際に書いてみると実にペンらしい。ペン先が固いのも個人的には嬉しい。このペンの弱点は、ペンの傾きによってペン先接地点と描かれる線が横方向にずれること。ペンを寝かした状態で縦に線をひくと思ったより左側に線が描写されます。方眼用紙にそって縦線を引くと手元から遠くなると線がずれていきます。横線の描写はずれません。持ち方でなんとかなりそう、という感覚も掴みました。あとペン先が固いので他のスタイラスに比べ、コツコツと文字を書いてる音が出ます。

次に試したのは、Su-pen 。東京では東急ハンズで試せます。前評通り、驚きの書き味。滑るように線が書けます。他のスタイラスペンと比較して別世界。しかしながら、やっぱりペン先が太く、ペンのどの部分で線が描かれているのか違和感があります。せめて 4mm くらいだったらいいのですが、太い筆で画面をなぞっているのに細い線がひける感じがなんとも慣れません。絵を描くのにはいいのでしょうが、小さい文字を書いている手元が見えないのは辛い。

最後に、Bamboo Stylus solo 。これも Su-pen と同様の方向性。擦れ具合は Su-pen の方が優秀なので候補からは外しました。

iPad mini 用のスタイラスペンをはやくも新調
これは迷うところですが、ペン型の書き味と、デザイン+カラーを勘案して、Jot Pro をチョイスしました。カラーバリエーションもポップですしデザインもいい。重さも抜群。ゴム先スタイラスではなく、実にペンらしい、というのが最後まで捨てられず、Jot Pro レッドをお買い上げ。

書き味として滑り味を重視するか、ペンタイプの安心感を重視するかは、個人的な趣味・指向のレベルと思いますが、絵や図を描くなら Su-pen、文字を書くなら Jot Pro(Dampening)なのかな、と思いました。

Newton の頃は Lotring にスタイラス用のペン先を入れて便利に使ってましたが、iPhone / iPad は感圧式ではなく静電式なのでイマイチです。ま、ペンより指先操作の方が多いので仕方がないのかもしれませんが。ペン先が小さく電池で静電気を発生するタイプなども登場してきているスタイラスペン、まだまだ革新がありそうな分野です。

————–
現在はこの Jot Pro と JOT SCRIPT EVERNOTE EDITION STYLUS を使っています。iPad :スタイラスペンでメモをとる を参照。

コメント