スポンサーリンク

Apple Event September 15, 2020 まとめ

PDA / iOS Device / Apple Watch

Apple Event September 15, 2020

Apple Event September 15, 2020 をまとめておく。今年はライブアップデートをしたんだけど、前もって用意されたイベントムービーはテンポもよく日本語字幕もあり、みんな必死に観ている感じに。ライブキーノートスピーチで「おいおい、こんなん出たぜ!」とみんなで盛り上がるというより、各自ムービーを観て終わる、と。ちょっと eLearning のよう。深夜に 1時間程で終わってくれるのはありがたいんだけど。

Apple Watch

Apple Watch Series 6 / Apple Watch SE が発表された。新モデルは 9月18日発売。各モデルの比較はこのページが便利

Apple Watch Series 6

Apple Watch Series 6
Apple Watch Series 6 は血中酸素濃度を測るセンサー、常時計測の高度計を搭載。

呼吸器系疾患や手術で入院すると体験できるが、患者のバイタルチェックで常時測るのは血中酸素飽和度と心拍数のチェック。定期的に測るのが血圧と体温。新型コロナウィルスの流行で、血中酸素飽和度の測定(指先にパルスオキシメーターという器具をつけるだけで簡単に計測できる)が広く知られるようになったが、Apple Watch で血中酸素濃度と心拍数を測れるようになった。もはや時計というより健康管理デバイスだ。

実際に Apple Watch の心拍数モニターや転倒検知で命を救われた例がたくさんあるので、非常に大切なことだと思う。また、Apple Watch から得られるバイタルデータを元に、研究機関や大学と連携して疾患との関連性を研究するなど、Apple は単なるデバイス屋を越えてヘルスケア企業になりつつある。

Apple Watch Series 6

Apple Watch の SoC は iPhone 11 で使われた A13 ベースの Apple S6 プロセッサ。スマホに搭載されたシリコンを腕時計に内蔵するとは電池大丈夫なのか、とか思う(大丈夫なんだろう)。

また、画面表示もより改善され、スリープ時の常時表示画面は前モデルの 2.5倍明るくなった。ボディカラーは (PRODUCT)RED のレッド、ブルーアルミニウムが加わった。留め金がない新設計のベルト、ソロループバンドも登場した。

Apple Watch Series 6 は GPSモデルが 47,080円(税込み)、GPS + Cellular モデルが 59,180円(税込み)から。

また、新しい watchOS 7 の機能としてファミリー共有という機能が追加された。Apple Watch には紐づける母艦として iPhone が必要だったが、この機能により、子供や高齢者の Apple Watch を一人の iPhone ユーザが管理・紐付けできるようになった。小さな子供を持つ親御さんには便利だね。ホント、死角がない。

Apple Watch SE

Apple Watch SE

Apple Watch SE はコストパフォーマンスの高いバージョン。併売される Series 3 の 2倍速いという Apple S5 を搭載。血中酸素濃度の測定やディスプレイの常時表示がなく、セルラーモデルが安い。フィニッシュはアルミニウムだけだ。

Apple Watch SE は GPSモデルが 32,780円(税込み)、GPS + Cellular モデルが 38,280円(税込み)からとなった。

SE はスペシャルエディションというより、廉価版・コストパフォーマンスの良い「お得」モデルのブランドになったんだね。

Apple Fitness+

Apple Fitness+

最近、なんとかプラスというプロダクトネームが多いが、Apple Watch 向けのフィットネスサービス Apple Fitness+が発表された。Apple Watch を身に付けた上で、iPhone/iPad、Apple TV で視聴できるフィットネス・プログラムだ。Nintendo Switch のリングフィットよろしく、様々なワークアウトが楽しめる。

ワークアウトプログラムは毎週更新。月額 9.99ドル・年額 79.99ドル。日本はサービス対象国に入っていない。ビリー隊長とか出てくると面白いのだが。

iPad

最初にフルスクリーンの iPad をリニューアル、と Tim が言ったので、前評にもなかった iPad mini を願っていた自分はくじけそうになった。iPad / iPad Air が発表された。各モデルの比較はこのページが便利

iPad 8Gen

Apple iPad

iPad は 8世代目となった。お得なお値段はそのままに、iPhone XS / 現行 iPad Air 相当の Apple A12 Bionic プロセッサ が搭載された。あー、そうですか(iPad Air ユーザ)。

iPad Air

Apple iPad Air
現行ユーザが最もショックだったのが iPad Air だろう。第4世代 iPad Air は形状もフルリニューアルされた。ディスプレイ下部の Touch ID を上部側面に移動させることで、iPad Pro と同様にフルディスプレイの外観となった。側面も従来のカーブ型ではなく、iPad Pro 譲りのソリッドなシェイプに。

搭載プロセッサは Apple A14 Bionic と高速化。従来モデルより 40% 高速に。ポートは Lightning から USB-C に変更。Apple Pencil も 2世代のものに対応し、Magic Keyboard もサポート。

シルバー、スペースグレイ、ローズゴールド、グリーン、スカイブルーと 5色のバリエーション。

iPad Air は Wi-Fiモデルが 69,080円(税込み)、Wi-FI + Cellular モデルが 85,580円(税込み)からとなった。

iPad Pro は 8コアの A12Z Bionic を使っており、パフォーマンスのアドバンテージはあると思うが、多くの iPad Pro ユーザはがっくりきたと思う。iPad も Apple シリコンの進化速度が速いために旧モデルがどんどん陳腐化しちゃうね(自分も iPad Air を昨年買ったばかりだから泣けるよ)。

Apple は iPhone も iPad もモデル差別化が難しい商品にノーマル・ミドル・プロの 3機種構成を採用しているから、世代交代が激しく感じる。まー、価格レンジに開きがないことで、自分がその時に買えるモデルを買うのが最適ともいえるんだけど。

その他の話題

新しい OS は明日(17日)リリース

iOS 14 / iPadOS 14 / watchOS 7 / tvOS 14 は 17日に正式リリースとなる。
iOS 14
iPadOS 14
watchOS 7

サブスクリプションをまとめた Apple One

Apple のサブスクサービスを集約した Apple One というパッケージ割引サービスが提供される。個人・ファミリー・プレミアの 3構成なのだが、日本のように News+ / Fitness+ が提供されていない国があるので、個人・ファミリーは Apple Music / Apple TV+ / Apple Arcade / iCloud をおまとめ、プレミアは Apple News+ と Apple Fitness+ が加わった構成になっている。

Apple One

で、このサービス。日本の方が安い。日本では個人 税込 1,210円、ファミリー 税込 2,035円だが、米国では 14.95ドル・19.95ドルという構成になっている。個人は月額 1,210円お得ということで、これはおまとめプランの方がいいかもしれない。


そうそう、この Apple Event で Apple シリコンを設計しているラボのシーンがあった。微妙に設計中のボードなど映り込ませていて、面白い。何を作ってるんだろうね。

ということで、Apple Event September 15,2020 でした。今週末はアップデート大会かな。iPadOS 14 は既に使っているけど、iPhone はそのままなので楽しみ。自分が使っている Apple Watch は Series 2 だから watchOS 7 は動かない。会社の健康促進助成が使えるから Apple Watch は新調しようかな。

iPad Air は魅力的だけど、あのデザインの iPad mini が来年出ると信じて我慢だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました