ヤマハがベースアンプの Ampeg を買収

投稿日: カテゴリー: MUSIC

ヤマハがベースアンプの Ampeg を買収
ヤマハがベースアンプの Ampeg を買収しました。ヤマハ株式会社はギター事業の戦略策定・実行を米国起点で行うための新組織として、今年の4月に設立した Yamaha Guitar Group, Inc.(米国・カリフォルニア州)を通じて、ベースアンプやベース用エフェクターの商品分野で世界的に知名度の高い Ampeg ブランドを LOUD Audio LLC から買収したと発表しています。

米国・ギター事業子会社のYamaha Guitar Group, Inc.による、Ampegブランドの事業譲受について

Ampegは、1946年に楽器用アンプメーカーとして創業し、1960年代には 世界初の リバーブ内蔵アンプや、当時としては最高出力のアンプを開発するなど、革新的でユニークな製品を 音楽業界に送り出し、 現在に至るまで世界中の 多くのミュージシャンから支持され続けている米国のベースアンプ専業ブランドです。

当社グループでは、ベーシストのお客様に対し、主にエレクトリックベースを中心とした商品の提供を行って参りました。この たびのAmpegブランドの事業譲り受けにより、これまで当社グループでは十分に対応できていなかった、特に専門性が求められるベーシスト向け製品のラインアップを獲得し、幅広いソリューションを提供してまいります。

今後、より幅広いお客様のニーズに応えるため、ヤマハ・Line 6・Ampegの3ブランドの強みを結集し、 それぞれ が培った技術やノウハウを生かした個性的かつ魅力的な新商品開発のみならず、より効率的なマーケティング活動を米国起点でスピーディーに展開することで、ギター事業のさらなる成長を実現して まいります。

またにスタジオでお世話になる Ampeg 。音が硬い印象。今後はヤマハグループですね。ちなみに Yamaha Guitar Group, Inc の共同社長は Line 6 の Marcus Ryle です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です