BenQ ScreenBar Plus – デスクの手元をスマートに照らす、テレワーク用ライトにも

COMPUTER PICKUP

BenQ-ScreenBar-Plus

PlayStation 4 でゴールデンウィークに無料配信していた「風ノ旅ビト」、面白くて何周もしてます。こんないいゲームがあったとは。知らないまま死ぬようなことがなくて本当に良かった。イヤフォンしながらやるとイイ。 なんと iPhone/iPad 版もあるようですが、やはりコントローラーと大画面でできる PS4 推しですね。

週末にテレワーク(いや、音楽制作環境)をよりよくするために、デスクライト BenQ ScreenBar Plus を買いました。今回はそのレビュー。

BenQ ScreenBar Plus

BenQ ScreenBar Plus は自動調光機能搭載の LED デスクライト。音楽制作ブースは天井の光源が後ろにあるのでブツ撮影の際に影が映りこんだりしてたので買ってみた。

同類の商品からは飛びぬけて高いが(高いといっても 15,000円くらいだ)。デザインがいいのと手元で LED の発光色や明るさを調節できるのがいいし、レビューの評価も上々だったので購入。

BenQ-ScreenBar-Plus-Joint

BenQ ScreenBar Plus の明るさは 1,000ルクス。フリッカーフリーの Dual Color LED‎ 照明で、色温度は 2700 ~ 6500K をダイヤルで設定できる。給電は USB 経由。そして、iMac など片側が可変したディスプレイにも楽にしっかり設定できるクリップ(バランスを保ったまま置いている感じ)が搭載されている。このクリップと光源を回転できる構造なので、ライトの光が iMac のディスプレイに反射・映りこむことはない。

BenQ-ScreenBar-Plus-Base

円形のコントローラーは重さもあり高級感を演出している。ダイヤルを押すとスイッチオン、ダイヤルを回すと明るさを調整する。2つモード切替のスイッチがあり、右スイッチ+ダイヤルで色温度、左スイッチは自動調光ボタンとなっている。

消灯・点灯は以下のような感じ。部屋を真っ暗にすることはないんだけど、BenQ ScreenBar だけでどれくらい明るいかの目安に。

BenQ-ScreenBar-on off

結果、大満足。胸が震えるような感動はないが、明るさは十分で設置した感じもスマート。デスクまわりの光環境の改善、自分の顔を照らすテレワーク用ライトとしてもおススメです。

BenQ ScreenBar Plus モニター掛け式ライトスクリーンバー プラス [ デスクライト monitor lamp]
ベンキュージャパン
【自動調光】: デスクトップダイヤルに内蔵された光センサーのおかげで、screenbar plus電子書籍の閲覧ランプの明るさレベルが自動的に調整します。また、手動で調光をコントロールすることもできます。
COMPUTER PICKUP
この記事をシェアしてくれると、とても嬉しい😆
いろんな WAVEFORM LAB をフォロー!
波形研究所 所長

WAVEFORM LAB(ウェーブフォーム・ラボ) は音楽制作、デジタルライフ、イノベーションをテーマとするサイトです。

1997年、伝説の PDA、Apple Newton にフォーカスした [email protected] を開設、Newton や Steve Jobs が復帰した激動期の Apple Computer のニュースを伝えるサイトとして 200万アクセスを達成。2001年からサイトをブログ化、2019年よりサイト名を WAVEFORM LAB に改称、気になるネタ&ちょっとつっこんだ解説をモットーにサイトを提供しています。

いろんな WAVEFORM LAB をフォロー!
WAVEFORM LAB

コメント

タイトルとURLをコピーしました