Isla Instruments KordBot – 32の専用ボタンで作曲・アレンジのコード進行検討に使える全く新しい MIDI キーボードコントローラー

RECORDING

Isla Instruments KordBot

白ろそうな MIDI コントローラーをみかけたので紹介。米国フロリダの新興楽器メーカー Isla Instruments が開発した KordBot 。通常の MIDI キーボードコントローラーに「コードネーム」の概念を加えた革新的な MIDI コントローラーデバイス。ネットで見かけただけで実物は触っていないので、概要中心になるけど。

KordBot MIDI Controller

Isla Instruments KordBot

Isla Instruments KordBot はコンパクトサイズの2オクターブ MIDI キーボードコントローラーに、CM / Cm / C7 / Csus4 / Caug / Cdim などの「コードネーム」の概念を取り入れた新しい MIDI キーボードコントローラー。スイッチ式・2オクターブのピアノ鍵盤に加え、32個のコード指定ボタンが搭載されている。

左側に集約されている 32のコード指定ボタンとキーボードで弾いたコードは右上の12のパッドにアサインが可能。KORG Gadget の Lisbon 等にある「コードパッド」と同じもので、このパッドを操作することで作曲の際のコード進行検討に使えそうだ。

また、プッシュ式のノブコントローラー、リボンコントローラーが付いているのもグッドだ。8つのエンコーダーも DAW やソフト音源側に MIDI Learn させれば机上の DTM メインコントローラーとしても使えそう。

KordBot はコードだけでなく、スケールも指定できる。アルペジエータも様々なスタイルを選択できるだけでなく、アルペジオ・ビルダーで独自のアルペジオを作成・再生もできる。アルペジオはプッシュ式エンコーダーで様々に変化・コントロールできる。

  • 2オクターブの自照キーボード搭載の MIDIコントローラー
  • 2.8インチフルカラー TFT LCDスクリーン
  • 32のコードモディファイボタン、8つのプッシュ式エンコーダー
  • 12コードメモリーパッド、リボンコントローラー
  • 588種類の多彩なスケールが選択可能
  • 標準 5pin MIDI In/Out、USB MIDI、Bluetooth MIDI
  • SDカードスロット、MIDIアサイン編集可能
  • 12ゾーンのタッチセンシティブン「リボン」でコードスストラミング・MIDI CCコントロールが可能
  • フレキシブルなアルペジエータ、コードストラム機能

KordBot は Isla Instruments の最初のプロダクト。サイトより購入が可能で 279ドルで販売している。現時点で搭載していないが、将来のファームウェアでシーケンサーに対応する予定があるよう。

KordBot feature overview

コンパクトMIDIキーボードといえば「MIDIデータを入力するためのもの」というイメージがあったが、Arturia KeyStep Pro のようにアルペジエータやシーケンサーを駆使してパフォーマンスするタイプ、KordBot のように作曲やアレンジに使えるもの、いろんなものが出てきている。ハードウェアならではの面白いエリアだと思う。


コメント

タイトルとURLをコピーしました