スポンサーリンク

東京マルイ グロック 19 Gen.4 – 取り回しがよく使いやすい超絶人気のグロック19 に Gen.4 モデルが登場!

GOODS

東京マルイ グロック 19 Gen.4

日はエアソフトガンの話。大学生の頃、今はなきエアソフトガンメーカー MGC のグロックや JAC ブローニングハイパワーで遊んでいたんだけど、30年の時を超えてガスガン熱が再燃。90年代の MGC は骨董品クラスで、問題なくパワフルにブローバックしてくれるんだけど、いつ壊れるか不安。ということで新しいガスガンを購入することに。

今年に入ってガスブローバックガン熱が再燃

今年度に入って3点バースト・フルオートが絶大な魅力を放つ KSC M93R II HW をゲット(再発売してるよね)。欲しかったベレッタのハンドマシンガン。

バババ!の3点バースト、そしてロングマガジンが絶大な効果を発揮するフルオート、もう爽快さがハンパない。サイコー!

KSC といえばブラックラグーンのソード・カトラスver.Ⅱ の追加生産は明日までだよ(あと4日!「ソード・カトラスver.Ⅱ」受注生産の締め切り迫る!!)。

そしてジョン・ウィック御用達の Taran Tactical Innovations のコンバットマスター、 EMG TTI JW3 2011 COMBAT MASTER 5.4 Island Barrel も入手。握ってうん、美しい。現在はトレーサーを装着し、蓄光BB弾がグリーンの軌道を描いて打ち出されます。もうこれも最高。

ただこの2丁はなんというか、ぞんざいに扱いにくい。普段使いの少々手荒に扱えるものも欲しい。グロックは MGC のものがあるが、少し長いので短いグロックがいい。フルオートは必要ないので、19 あたりか。

なんて考えていたら、東京マルイから 19 Gen.4 が出るとの話。夏に発売とされていたが、やっと秋口の 9月29日に発売になる。

東京マルイ グロック 19 Gen.4


という訳でガスブローバック・エアソフトガン、東京マルイ グロック 19 Gen.4 です。

Gen.4 といえば、グロック 17 が既に Gen.4 モデルが発売されていたんだけど、若干スライドが短い 19 の Gen.4 が待望のリリース。安心の東京マルイということで、発売と同時に速攻オーダー。9月24日が楽しみだ。

グロック 19 Gen.4 から実物と同じサイズに(グロック19のホルダーが使えるようになるのよ)。グロック17 Gen.4 のブローバックエンジンと同じものを搭載。装弾数は 22+1発(本物は装弾数15発)。最新モデルといいたいどころだが、本家のグロックは第5世代に突入しているんだけど。

スライドをカスタム品に換装とかしだすと、これまた手荒に扱えなくなるので、ドットサイトなどはつけず、そのまんまで使いたい。

これでハンドガンラインナップは完成。しばらくは目移りすることもなさそう。

ガスブローバックガンの楽しさ

個人的には電動ガンには興味がない。やはりガスガン特有の強烈なスライドブローバックにロマンを感じる。

ガスガンはフロンガスを使ってたんだけど、環境問題への対応として 2020年にフロンガスは全廃になったんだね。代替として東京マルイはノンフロンガスを販売していて、手元にあった旧世代のフロンガスと比べると、若干パワーが落ちている気がするんだけど、フロン全廃は賛成だし、スライドやバレルへの負担が減るメリットもあるので問題なしです。

ガスガンは大人ホビー(銃刀法や青少年保護育成条例の対象)なので、WAVEFORM LAB としてどうかな、と思うところはあるんだけど、まぁ、正しく伝えればいいかと。

前述の2丁やコンパクトトレーサー、EMG の付属マガジンが使えなかった話もおいおいしようと思います。マニアではないので、プロダクトレビューはしないけど、ガスガンの楽しさを伝えられればと思うところです。

EMG TTI 2011 コンバットマスター Standard
EMG
¥32,830(2021/10/19 08:29時点)
●商品名:EMG TTI 2011 コンバットマスター Standard ●品番:K9013NBK ●ブランド:EMG

東京マルイ No.105 グロック19 Gen.4 18歳以上 ガスブローバック
東京マルイ(TOKYO MARUI)
¥13,200(2021/10/21 05:30時点)
【大口径シリンダー採用】「グロック17 Gen.4」のブローバックエンジンや内部構造を受け継ぎ、直径15mmにもなるシリンダーを採用。安定した実射性能と迫力あるブローバックを実現しました。
ZERO Basic 生分解性バイオ蓄光BB弾 0.20g 400g/約2000発入
ZERO
¥898(2021/10/19 08:29時点)
ご要望を多数いただいていた蓄光弾をついに販売

GOODS
この記事をシェアしてくれると、とても嬉しい😆
いろんな WAVEFORM LAB をフォローください!
スポンサーリンク
波形研究所 所長

WAVEFORM LAB(ウェーブフォーム・ラボ) は音楽制作、デジタルライフ、イノベーションをテーマとするサイトです。

1997年、伝説の PDA、Apple Newton にフォーカスした [email protected] を開設、Newton や Steve Jobs が復帰した激動期の Apple Computer のニュースを伝えるサイトとして 200万アクセスを達成。2001年からサイトをブログ化、2019年よりサイト名を WAVEFORM LAB に改称、気になるネタ&ちょっとつっこんだ解説をモットーにサイトを提供しています。

いろんな WAVEFORM LAB をフォローください!
スポンサーリンク
関連する話題
WAVEFORM LAB

コメント

  1. ShimoKen より:

    19は良いよねー。大きさと重さのバランスが。自分もコレクションを増やしたくないから、ワザとKSC縛りにしてます。HW素材の質感も好きだし。19と19Cあります。とかいいながら、WEのベレッタPX4買ったりしていますが(笑)
    https://www.shimoken-works.com/?p=8773

    • 波形研究所 所長 波形研究所 所長 より:

      おぉ、お久しぶり!ブログ見ました。あのベレッタ、握りやすそうですね。デザインもグッド。でもレーザー刻印しちゃうところが ShimoKenさんらしい。グロック19届きました。思った以上ににコンパクト。こんなに小さかったかな、と(笑)。

      • ShimoKen より:

        PX4なかなか未来的なデザインで気に入っています。グロックは長さの順で言うと34, 17, 19, 26なんだけれど、19と26辺りがまた良いんですよ(笑)

タイトルとURLをコピーしました