速報 : オーディオサンプルのリアルタイム・タイムストレッチやピッチコントロールを可能にした MASCHINE 2.7 が12月に登場

投稿日: カテゴリー: RECORDING

Native Instruments MASCHINE 2.7

MASCHINE 2.7 が 12月に登場する。Native Instruments Blog によると、ユーザからリクエストが多かったオーディオループのリアルタイム・タイムストレッチ機能を搭載した MASCHINE 2.7 が12月に提供されるようだ、。

これまでオーディオのタイムストレッチを行うには、読み込んだオーディオを Sample Editor でタイムストレッチやピッチシフトをしなければならなかった。

MASCHINE 2.7 では MASCHINE らしくシンプルでワークフローを中断させることなく、オーディオループが扱えるようになる。

The addition of real-time time stretching, coming in MASCHINE 2.7, illustrates this aim perfectly. “There’s nothing new our customers have to learn here,” says Chad. “Pre-cut loops will simply play in time with the project, no matter their speed, and they’ll adjust automatically to the project’s tempo changes. The Audio plug-in does the hard work for you. After that, the Pattern behaves as it always has, whether it contains MIDI, audio loops, or a combination of both.”

MASCHINE 2.7 で提供されるリアルタイムストレッチ機能はこの(MASCHINEらしいワークフローで実現するという)狙いを完璧に実現している。ユーザが新しく学ぶ必要は何もなく、プレカットされたループはループのスピードに左右されることなく、プロジェクトで再生でき、自動的にプロジェクトのテンポに調整されます。Audio プラグインがあなたに代わって難しいことはやってくれます。よって、パターンは MIDI だろうが、オーディオループだろうが、またそれらの組合せであっても、同じように動作することになります。

MASCHINE 2.7
MASCHINE 2.7

また、新しい MASCHINE 2.7 はオーディオループやループの一部分をメロディのようにプレイできる Gate Mode を装備している。音源からループをレコーディングして、ピッチを替えたサンプルをパッドにアサインしたり、というのはよくあるケースだが、これをリアルタイムに演奏することができる(これまではループの一部の音程を変えるにはスライスするなり、分割してパッドにアサインするのが普通だった)。

KORG Gadget の Dynamic Loop Slicer “Abu Dhabi” のようなことが簡単に出来そう。ついでに REX プレーヤーをビルトインして欲しいんだけどな。

これらの機能開発は非常にリーン(プロトを市場に提供しながらユーザニーズに忠実な製品開発を無駄なく行う手法)に行っているとのこと。MASCHINE 2.7 は MASCHINE 2 ユーザには無料でアップデートされる予定。ブログのムービーはいまひとつよく分からないけど(笑)、MASCHINE 2.7 楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です