MAS X ?

RECORDING

MOTU もうひとつ疑問。先日、ミディアが Native Instruments社製品のMAS対応について という記事をポストしました。

「 Digital Performer 4.1 での Audio Units 対応が公表された為、NI では今後リリースされるアップデート又は新製品に対して MAS の開発を行わないことを決定しました。」

とのこと。そうだよね、やっぱり。VST のネイティブサポートをしていた Logic でさえ、Audio Units だけを標準プラグインインターフェイスとしているし。けど、Waves は MAS X に対応する一方で Audio Units にも対応している。Audio Units をネイティブサポートしている DAW にとって MAS X ってどんなメリットがあるんでしょう。

DP 4 でしか動作しないキラープラグインがでてきた場合、MAS が必要ということ?うーん、なぜだ?

RECORDING
この記事をシェアしてくれると、とても嬉しい😆
いろんな WAVEFORM LAB をフォロー!
波形研究所 所長

WAVEFORM LAB(ウェーブフォーム・ラボ) は音楽制作、デジタルライフ、イノベーションをテーマとするサイトです。

1997年、伝説の PDA、Apple Newton にフォーカスした [email protected] を開設、Newton や Steve Jobs が復帰した激動期の Apple Computer のニュースを伝えるサイトとして 200万アクセスを達成。2001年からサイトをブログ化、2019年よりサイト名を WAVEFORM LAB に改称、気になるネタ&ちょっとつっこんだ解説をモットーにサイトを提供しています。

いろんな WAVEFORM LAB をフォロー!
WAVEFORM LAB

コメント

  1. 覚書き:
    AU does not support ramp automation. – DP4 Users Guide P.648

タイトルとURLをコピーしました