吉野家、救えませんでした

投稿日: カテゴリー: TALK

吉野屋
「吉野家のカレー丼」 並盛の新登場と「吉野家のマーボー丼」価格改定のお知らせという発表が。一昨日、別れを惜しむように「牛丼並/ネギ抜き+たまご」をオーダー。一連の新メニュー、ちょっとキツかっただけに、牛丼がおいしいこと。涙をおさえて食べました(うそ)。

マーボー丼はずばぬけておいしくなかった。どれも裏で「チン!」しているような感じがしましたが、マーボー丼が一番「?』でした。「品質をアップした上で、よりお買い求めやすい価格300円台でのご提供を実現することができました」とありますが、今度から豆腐とタレの部分を店頭で混ぜるようにしたとか。うーん、そういう問題かなぁ。

一番マシだった焼鶏丼もインフルエンザということで、全店展開はできず。これからどーなるんでしょ。「ドーナッツ」とかでもいいですよ、いっそ。またダンキンドーナッツ食べたいなぁ。

吉野家、救えませんでした」への4件のフィードバック

  1. なんかそうみたいですねぇ〜。後追いで、4月からアメリカからの輸入を部分緩和するみたいな記事もありましたが…そこまでもたんでしょうが!

  2. 土曜日のお昼に息子と行ってきました。店に入るまでは、『牛丼』と思っていたのですが、店に入って『豚キムチ丼』の写真を見て、誘われてしまいました。息子も同じだったみたいで二人で『豚キムチ丼』を注文し、吉野屋を救ってきました。(息子は、『あつっ!』とかいいながら食ってました。やっぱ電子レンジ?)

  3. んむ〜、個人的には、カレー丼よりマーボー丼のほうが全然マシだったと感じました(^^;>勿論、あの値段で、ということですが。
    カレー丼、あれだと“ネギだく”とかも通用しそうで、なんかなぁ。

コメントは停止中です。