HAJIME YOSHIZAWA/吉澤はじめ

投稿日: カテゴリー: MUSIC

Hajime Yoshizawa

先日購入した CD のレビューが続きます。次は HAJIME YOSHIZAWA/吉澤はじめです。 Mondo Grosso の Marble というアルバム収録の TREE, AIR, AND RAIN ON THE EARTH で非常にクールなピアノソロを弾いていた吉澤はじめ の新作です。ボサノバ風の森永カフェ・ラッテの CM のタイアップ曲が入っているということで、どんなジャンルだか分からなかったのですが買ってよかった。

僕は JAZZ をよく聴くのですがその一方でテクノやハウスも好き。なので、昔では ACID JAZZ とか、最近ではフューチャージャズ(もうそんな言い方古い?)とかが好きなのですが、この分野はどうも出来、不出来が激しい。個人の好みにもよるし、フロアミュージックとしては成立するけど、リスニングには向かないとかいろいろあるんでしょうが、きちんとした JAZZ のソロをとれるプレーヤーが作った音楽の方が面白いという傾向はあります。

では、 JAZZ プレーヤーがフロアミュージックを演奏すれば素晴らしいのかというと、全くもってそうではないというのがフュージョンを聴いているとよく分かります。 JAZZ の歌心、コードへの理解、演奏技術を持ちつつ、近代的な楽器やテクノロジーと発想を音楽で表現するというのはなかなか大変なことなんでしょう。特に後者の部分は時代を反映してしまうため、「昨年のアルバムはもう古くさい」なんてことにもなりかねません。

で、この HAJIME YOSHIZAWA/吉澤はじめ なんですが、実にいいです。まぁ、僕は前述のピアノソロにノックアウトされてしまって、聴く前からリスペクトしているという状態でしたが、「やっぱり弾ける人の音楽は違うなぁ」と妙に感心。アコースティックピアノもいいし、RHOES も凄い。このアルバムのジャンルとしては Kyoto Jazz Massive のコンピレーションのような、JAZZ なテイストもあるフロアミュージックなんですが、質実剛健。(失礼ですが)野崎良太の Jazztoronik はダメでもこっちはイケるという感じ。

リズム隊は打ち込みなのですが実にいい感じ。Mondo Grosso の MG4 で打ち込みリズム隊がブレークビート風でその上はクロスオーバー風という1つの形が生まれたように勝手に思っているのですが、Mondo Grosso に足りないシンセアルペジオというか、フューチャー感がいい感じに入っています。聴きやすい曲から5/4拍子の曲もあり、全15曲、聴きごたえあります。もっとソロがあっても良かったかなという感じはします。

なんかうまく表現できませんが、えー、HAJIME YOSHIZAWA、お薦めです。フロアミュージック、クロスオーバー、現代のクラブ系音楽シーンから渋谷系のボッサジャズまで、活発でセンスが問われる音楽ジャンルで外せない一人だと思います。

追伸、Kyoto Jazz Massive といえばヨーロッパをツアーでまわっているようで、後にはライブ版も出して欲しいところです。




HAJIME YOSHIZAWA/吉澤はじめ」への3件のフィードバック

  1. HAJIME YOSHIZAWA

    吉澤はじめ CD ユニバーサルインターナショナル 2002/06/26 ¥2,800先日紹介した「Music from the Edge of the Universe」の前作。 青山で「I am with you」が流れていたので、またヘビーローテ。 この「I am w…

コメントは停止中です。