AAC でノイズのらない?

投稿日: カテゴリー: COMPUTER

iTunes最近、iPod で音楽を聴いていると、「ザササ」というノイズが気になりだした。曲の継ぎ目とかで鳴るケースが多い。ちょっと前までリモコンのケーブルが断線していたので、これが原因かと思っていたところ、曲の同じ所でノイズがのる。ちょっと調べたら、iTunes のエンコードしたファイルにノイズがのっていることが分かった。

前はこんなノイズを体験したことがなかったので考えられる要因は、

  • エンコードしているマシンが原因か。マシンを変えてからノイズが鳴りだしたような。マシンということは、性能(CPU負荷)か、CD-ROM ドライブか。
  • AAC エンコードが原因か。mp3 エンコードをやっていたころはこのような問題は亡かった。 AAC エンコードの性能改善というアップデータもあったし。時期的にも合う感じが。
  • iTunes の 「CD のエラーを訂正する」オプションか。ノイズがのったことがある CD でも、新品の CD でもノイズがのったりのらなかったりする。

結局、原因は究明できていないんだけど、とりあえず、リッピングするCD-ROM ドライブを変更、エンコード中は他の操作をしないようにしてみました。しばらくこれで使ってみますが、皆さんはノイズがのるような経験ありませんでしょうか?

AAC でノイズのらない?」への15件のフィードバック

  1. 僕の場合もノイズがのるマシンが限定されていました。 Power Mac G3 だったのですが、そのマシンは今は退役しているのですが。マシンというよりドライブによって問題が発生するようです。  

  2. 「iTunes ノイズ」で検索してたどりつきました。。
    mac miniとiTunes4.9ですけど、ノイズ乗りますね。
    エンコードはAIFF使ってますが、WAVでもおんなじ。
    曲間や、曲の終わりかけで、気になります。
    古いiBookではノイズ出ないので、マシンに依存している
    のでしょうか・・

  3. CCCD ではないです。原因を局所化するために実験をやろうと
    思います。状況は最新のエントリーを更新しますね。
    でも、ノイズの原因はおそらく、ドライブが正常に信号を読めなかったり
    エラーまじりの信号をiTunes に渡した時にノイズが出るんだと思います。
    なので、CCCDのエラーもおそらくは同様かと。

  4. CCCDなどのプロテクトではないですか?
    ドライブによりますが、PismoのドライブでCCCDをリッピングすると「1曲目前半だけがノイズになる」という現象がありました。

  5. iTunes 4.5 + QuickTime 6.5.1 + 外付けドライブでも同様の症状が
    発生しました。試していないのは CD エラー補正オプションだけと
    なりました。また報告します。

  6. 僕も別のドライブで読み込むように変更しましたが、
    問題は出てないようです。Yosemite の純正DVDが
    寿命になってきたのかな?

  7. >音楽CDはエラー補正がチープ(というか、無いに等しいらしい)
    実際にはそこまで話はひどくなくてCDにはCIRCなるエラー訂正機能が入っています。ディスク上の傷がいちいち音に影響を及ぼさないのはこれが効いているからで、理論上最大50%のデータから元データを復元できます(もちろんベストケースであって、そんなことはあり得ませんが)。ちなみにCD-ROMになるとさらにエラー訂正が施されて信頼性があがります。
    私も以前、別プロセスでCPUをそこそこ占有させつつ、とあるドライブでリッピングするとノイズが入りまくり、ということがありましたが、別ドライブでは皆無になるという現象が出ていました。長い話になってしまいますが、データを読むときシーケンシャルに読み続けるのではなくドライブ内のバッファがいっぱいになるとピックアップがジャンプしながら同じ位置で待って、その後データを再開します。このときデータを読み込む位置を全開中断したところから正確に行えないドライブがあり、そこでノイズがはいってしまいます。以上技術屋からのコメントでした。

  8. >音楽CDはエラー補正がチープ(というか、無いに等しいらしい)
    実際にはそこまで話はひどくなくてCDにはCIRCなるエラー訂正機能が入っています。ディスク上の傷がいちいち音に影響を及ぼさないのはこれが効いているからで、理論上最大50%のデータから元データを復元できます(もちろんベストケースであって、そんなことはあり得ませんが)。ちなみにCD-ROMになるとさらにエラー訂正が施されて信頼性があがります。
    私も以前、別プロセスでCPUをそこそこ占有させつつ、とあるドライブでリッピングするとノイズが入りまくり、ということがありましたが、別ドライブでは皆無になるという現象が出ていました。長い話になってしまいますが、データを読むときシーケンシャルに読み続けるのではなくドライブ内のバッファがいっぱいになるとピックアップがジャンプしながら同じ位置で待って、その後データを再開します。このときデータを読み込む位置を全開中断したところから正確に行えないドライブがあり、そこでノイズがはいってしまいます。以上技術屋からのコメントでした。

  9. QuickTime 6.5.1 + iTunes 4.5 が発表されましたね。
    QuickTime Update には AAC エンコードの品質向上も
    含まれているようです。これに期待です。

  10. ちなみに、リモコンのケーブルの断線ですが、先日AppleStoreに『保証期間内なんですが…』と持ちかけたらあっさり交換してくれました。(情報まで)

  11. Macintoshは良くわからないけど
    >iTunes の 「CD のエラーを訂正する」オプションか。ノイズがのったことがある CD でも、新品の CD でもノイズがのったりのらなかったりする。
    が正解だと思います。
    処理は基本的にデジタルで行われているはずですから、電源などが起因するアナログ的なノイズはありえないはずです。Macがアナログ出力からの情報をサウンドチップでAD変換して…という話なら…ありえますが…無いよね?
    # 最近、必要に迫られてC#でWAV作るプログラム書いた(^^)
    # WindowsではAPIから簡単に取れます。
    #(マルチメディアデバイスは必要ない)
    音楽CDはエラー補正がチープ(というか、無いに等しいらしい)ので、エラーは読み飛ばす!!というのが原則んみたいです。業務用などの高級なドライブの場合はそうでも無いらしいのですが…
    >私の場合は、リッピングを行なう最初のCDの前半の曲で起こることが多かったような記憶があります。
    良くおきるのはド頭とか…
    メディアを磨いてみて…駄目ならソフトで補正…または違うメディアを買ってくるとか、原版借りてくるとか…実際それをお仕事にしている方々もそんな感じですよ>経験者は語る(^^)

  12. MacBSです。はじめまして。
    早速ですが、AIFFでCDからリッピングしてもノイズは混入するでしょうか?
    混入するようでしたら、CDドライブで読み込みエラーが発生していると思います。
    あと、iTunesの「サウンドチェック」は使われていますか?
    曲間のノイズということですと、これやEQの影響も考えられます。
    「サウンドチェック」の設定はiPodにも反映されますし。
    とりあえず、思いつく範囲で書いてみました。
    参考になれば幸いです。

  13. 経験あります。
    私の場合は、リッピングを行なう最初のCDの前半の曲で起こることが多かったような記憶があります。
    最近はリッピングをする機会がないので何ともいえませんが、盤面が綺麗なCDでは起こらなかったため、ドライブのせいかと考えています…。エンコード後、気づいてやり直した場合はうまくいきます。また、ドライブのクリーニングを行なうと、比較的安定するようです。
    DiscBurnerで焼いたCD-Rがしばらくすると読み取りにくくなったりすることもあり、ドライブの交換を真剣に考えているところです。製品のCD-Rでもやたらとシークに時間がかかるようになってきたりとか、そういった傾向はありませんか?
    #DVD-ROMは問題なく読めるのですが
    PowerBookG4(DVI)800MHz_ComboDrive
    OSX 10.3.3&iLife’04

  14. 電源系は音楽制作環境セットなので、電源ということはないです。まぁ、コンピュータ自体がノイズの塊なんですが、エンコードするファイルにノイズを乗せるというのはないと思います。

  15. コンセントからもノイズ拾うと思うんですけど。
    アヤスイ家電品追加したってことないですくわ?

コメントは停止中です。