やっとDP5

投稿日: カテゴリー: RECORDING

やっとDP5やっとバージョンアップしました、MOTU DP5

インストーラーディスクは Ver.5.1 。Intel Mac である MacBook にもインストールしてみました。これからユニバーサルバイナリーになっているプラグインを探しまわります。

ちょっと動かしてみたところ、 PowerMac G5 2.5G Dual には敵いませんが(同等だったら困る)、 PowerMac G4 667MHz では全く動かなかったソフトウェア音源中心のプロジェクトが満足に動きました(僕の MacBook は Intel CoreDuo 2.0MHz)。

音楽で真剣に使うには CPU よりも画面の広さとディスクスピードが問題でしょうか。まぁ、「仮組み」や「サウンドデータ再生」中心なら問題なさそうです。

  • KORG Legacy Collection – DIGITAL EDITION
    DIGITAL EDITION、つまり、 KORG M1 と WAVESTATION だけがユニバーサルバイナリ(以下UB)対応。

  • Spectrasonics Stylus RMX
    Stylus RMX はUBのサポートリリースを出しているが、 UVI Engine である ATMOSPHERE / TRILOGY はまだ。僕の場合、 Stylus RMX はオーケーで、TRILOGY は NG ということになる。が、 MacBook にそんなに大きなライブラリーをインストールできないからなー。

  • 同じ UVI Engine 系の理由から、MachFive は NG 。とはいえ、 UVI Engine もUB版がリリースされており、新しめのアプリケーションは対応が完了しているので、「もうちょっと待ち」でしょうか。 MOTU では MX4 と Ethno Instrument / Symphonic Instrument はUB版がリリースされているけど、後者2つは UVI Engine なのだ。
  • 最近 The Italian Grand Expansion Pack をリリースしたピアノ音源 Syntohgy Ivory は8月にはUB版をリリースしていたみたい。でも、巨大なピアノサンプルを MacBook にはインストールできないなぁ。 小さめの YAMAHA C7 だけでもインストールするかな。できたっけ、そんなこと。
  • Wave Arts の TrackPlug / MasterVerb / MultiDynamics / FinalPlug / Panorama は Ver.5 がUB対応となっている。手元にあるのは Ver.4 。これらの PowerSuite は新旧が共存できるみたい。


やっとDP5」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください