YAMAHA KX88 のメンテナンス

MYSTUDIO
KX88

「KX88 分解」とか検索してもいいサイトがヒットしなかったので、YAMAHA KX-88 を分解・メンテナンスするための方法を簡単に紹介しておきます。

今回メンテナンスした理由は「鍵盤がカチャカチャ鳴る」ようになったからです。鍵盤をリリースした時に奥の方で部品が何かにあたっている音がします。弾いていて気になるので直そうと思ったのがきっかけです。

鍵盤のメンテナンスは非常に簡単です。全部、バラバラにする必要はありません。外すネジは、フロントパネルサイドの4カ所、裏返して一番手前にあるネジ3カ所です。

フロントサイドの4カ所は分かると思います。裏面の3カ所はちょうど、鍵盤サイドの黒い部品(左はコントローラーがある部品)を固定している長いネジです。これらをはずすと、写真のようにパカッとパネルを開くことができます。

鍵盤がカチャカチャなるのは、フロントパネルのディスプレイやボタン関連の基盤を保護しているアルミ状のパネルが経年変化でたわんできて、鍵盤に当たっていることが原因でした。パネルを固定しているネジを緩め、パネルを伸ばした状態でネジを締め直せばオーケー。簡単に直せます。

せっかく開いたので、中の掃除をするのもいいでしょう。後はネジを開いた順番の逆で閉じれば完了です。左サイドのパネルをとめている裏側のネジは部品が浮いてしまって閉じにくいので、最初に締めるといいでしょう。

MYSTUDIO
この記事が気に入ったら
フォローしてね!
最新情報をお届けします。
この記事をシェアしてくれると、とても嬉しい😆
いろんな WAVEFORM LAB をフォローしよう!
WAVEFORM LAB

コメント

タイトルとURLをコピーしました