スポンサーリンク

MacBook Pro 14 がやっと届く

COMPUTER

MacBook Pro 14

ーダーしてほぼ忘れていた MacBook Pro 14 が到着しました。注文したの 10月 20日くらいだから、まるまる1ヶ月。量販店には在庫があるのに1ヶ月のおあずけ。まぁ、iPad mini 6 が来たり、iPhone 13 Pro が来たり、PlayStation 5 が来たり、Roland SP-404mk2 が来たりしたもんだから、まぁ、それどころじゃなかったんだけど。

さて、今回は現行環境から移行せず、クリーンインストールで行こうと思います。朝早くに届いてポツポツと環境構築を開始したので、まだ使ってませんが、搭載 OS は macOS Monterey 。macOS Monterey はカスタマーテストプログラム(あれね)でテストしていないので、お初の環境。なんか Finder のカラム仕切り太くて気持ち悪い。

気がついた点としては

  • 起動音が美しい
    あれ、起動音は廃止したんじゃなかったっけ、と思ったのだが、サウンドが美しくなっている。音源サンプルがいいのか、本体スピーカーがいいのか?

  • 起動オプションの説明が的確
    Apple Silicon を搭載した Mac は特殊な起動(パワーボタンを押したままの起動)をした際のメッセージが的確。「起動オプションを読み込み中」というメッセージとともに起動する。これはトラブル対応の時に分かりやすい。一方で、サードパーティのアプリケーションインストールには、起動オプションからセキュリティ設定を変更した上で起動しないといけなくなったんだね。びっくりしたよ。

  • キーボード前面がつまらない
    個人的にはあの廃止された Touch Bar みたいなギミックが好きだったので、こう、普通にキーボードが並んでいて退屈。デスクトップのキーボードのようにアルミのキーベースとかあればいいのかもしれないけど、なんか、昔の PowerBook を思い出した。

  • 例のノッチがある
    ディスプレイのベゼルが狭い変わりに例のノッチがある。自分はノッチにアレルギーはないんだけど、普通にメニュバーのアイコンと重なりそうで邪魔な気がする。でも、案外メニューバーを見てないんだな、とも思う。

  • ディスプレイ設定が老眼に優しい
    MacBook Pro 14 のデフォルト解像度は 1,512 × 982(3,024 x 1,964 ピクセル解像度、254ppi)。文字が大きくて読みやすい。「スペースを広げる」にすると、1,800 × 1,169(3,600 × 2,338)までアップできる。これだと文字が小さい。ProMotion でヌルサク。

  • 電源がデカい
    今までの MacBook 12 と比較して、同じ USB-C 電源でも大きさが全然違う。デカいよ。持ち運び大変かも。うっすら Apple マークの刻印が復活している。

  • MagSafe 3 は薄い
    以前使っていた MagSafe と比較すると、MagSafe は薄いガムのようだ。

思いつくままにつぶやきます(笑)。

COMPUTER
この記事をシェアしてくれると、とても嬉しい😆
いろんな WAVEFORM LAB をフォローください!
スポンサーリンク
波形研究所 所長

WAVEFORM LAB(ウェーブフォーム・ラボ) は音楽制作、デジタルライフ、イノベーションをテーマとするサイトです。

1997年、伝説の PDA、Apple Newton にフォーカスした [email protected] を開設、Newton や Steve Jobs が復帰した激動期の Apple Computer のニュースを伝えるサイトとして 200万アクセスを達成。2001年からサイトをブログ化、2019年よりサイト名を WAVEFORM LAB に改称、気になるネタ&ちょっとつっこんだ解説をモットーにサイトを提供しています。

いろんな WAVEFORM LAB をフォローください!
スポンサーリンク
関連する話題
WAVEFORM LAB

コメント

タイトルとURLをコピーしました