スポンサーリンク

Roland SP-404mk II Tips -【保存版】SP404mk2 を DAW の外部エフェクトとして使う方法(USBオーディオ接続)

RECORDING

Roland-SP404 app

Roland SP-404 MK II を多いに使うためのメモ。続いては SP404mk2 を DAW の外部エフェクトとして使う、です。SP-404 シリーズの人気を支えている理由のひとつが秀逸なエフェクト。フィルターやルーパーなど多彩なエフェクトを3つのノブで操りながら、積極的なサウンドメイキングが可能だ。

さらにパワーアップした SP404mk2 のエフェクトを DAW の外部エフェクトとして使う方法、しかも USB-C ケーブル1本という簡単接続による実現方法を紹介する。

オーディオインターフェイスの機器セットを作成

これまでも SP-404sx は DAW の外部エフェクトとして広く使われてきた。接続は簡単で、フェクトをかけたい DAW のトラックアウトをオーディオインターフェイス経由で SP-404sx に接続し、SP-404sx のアウトをオーディオインターフェイス経由で戻すだけだ。基本は同じコンセプトなのだが、SP404mk2 は USB オーディオに対応しているので、USB-C ケーブル1本でデジタル送受信できる。

MOTU Digital Performer なら複数のオーディオインターフェイスを設定して、チャネルインとアウトを指定すればいいだけなのだが、Ableton Live や MASCHINE では、同時に1つのオーディオインターフェイスしか使えない。

SP404mk2 をオーディオインターフェイスとして設定すると、普段使っている環境とは別のセッティングになり、ヘッドフォンやスピーカーの再セッティングが必要になり面倒だ。なので、通常使っているオーディオインターフェイスに SP404mk2 を追加するような環境を作る。こんな感じ。

Roland SP-404mk II Tips - SP404mk2 を DAW の外部エフェクトとして使う方法(USBオーディオ接続)

機器セットの作成

前述の通り、Ableton Live や Native Instruments MASCHINE、Reason Studio Reason などの DAW はオーディオデバイスを1つしか設定できない。複数のオーディオインターフェイスを一度に使用すると、クロックシンクやレイテンシー管理の面で好ましくないからだ。そこで、macOS 特有の機能、機器セット で、通常のオーディオインターフェイスと SP404mk2 の入出力を統合して使えるように設定する。

機器セットの作成

  1. Audio MIDI 設定を開く
  2. 左下の+ボタンから「機器セットアップを作成」をクリック
  3. 普段使っているオーディオインターフェイスと SP404mk2 を選択し、音ずれ補正にチェックを入れる
  4. クロックソースはメインのオーディオインターフェイスに設定、サンプルレートを設定する
  5. 作った機器セットに名前を付ける

これで、普段使っているオーディオインターフェイスと SP404mk2 の双方で構成された仮想機器セットが完成だ。

DAW のルーティングを設定する

ここまできたらあとは、DAW のルーティングを設定するだけだ。DAW のトラックの Audio From/To を設定すればよろし。マスターチャネルの設定は通常通り(今回では MASCHINE OUT 1/2 はモニタースピーカー、MASCHINE OUT 3/4 はヘッドフォン)で、SP404mk2 エフェクトをかけたいトラックのセンドを SP404mk2 の入力に、リターンをSP404mk2 のアウトを指定してやればいい。SP404mk2 に送りたいトラックはトラックグループなどでまとめておくといい。

Ableton Live のトラック設定例

Ableton Live を例に説明する。

Roland SP-404mk II Tips - SP404mk2 を DAW の外部エフェクトとして使う方法(USBオーディオ接続)

  1. SP404mk2 のエフェクトをかけたいオーディオトラックのグループ(#1 Group)を作成し、External Audio Effect プラグインを刺す。
  2. External Audio Effects の Audio to に SP404mk2 のアウト(outSP5/6)、Audio From に SP404mk2 のイン( inSP3/4)を設定する。
  3. External Audio Effects プラグイン

  4. SP404mk2 の EXIT SOURCE ボタンを押せば音が聴こえるはずだ。ゲインを調整する。
  5. SP404mk2 のプレイを録音するトラック(#5 Rec)を作成し、Audio From にグループトラックを指定する。
  6. 録音を開始し、SP404mk2 で思う存分にプレイする。

普通にトラックのセンドとリターンを設定したり、バス(リターントラック)を使う方法もあるけど、External Audio Effects プラグインならチャネル設定を変えずにエフェクトのオン・オフだけで SP404mk2 への出力を管理できて便利だ。

以上。それでは SP-404mk2 で思う存分にトラックメイクしてくれたまえ!!




YahooS-SP404mk2

RECORDING
この記事をシェアしてくれると、とても嬉しい😆
いろんな WAVEFORM LAB をフォローください!
スポンサーリンク
波形研究所 所長

WAVEFORM LAB(ウェーブフォーム・ラボ) は音楽制作、デジタルライフ、イノベーションをテーマとするサイトです。

1997年、伝説の PDA、Apple Newton にフォーカスした [email protected] を開設、Newton や Steve Jobs が復帰した激動期の Apple Computer のニュースを伝えるサイトとして 200万アクセスを達成。2001年からサイトをブログ化、2019年よりサイト名を WAVEFORM LAB に改称、気になるネタ&ちょっとつっこんだ解説をモットーにサイトを提供しています。

いろんな WAVEFORM LAB をフォローください!
スポンサーリンク
関連する話題
WAVEFORM LAB

コメント

タイトルとURLをコピーしました