電気用品安全法に適用対象外品目

SHOWBIZ

今日は一日外出でした。さて、共同通信社が、「電気用品安全法に基づく安全基準に適合したことを示すPSEマークのない中古家電が4月から販売できなくなる問題で、経済産業省は14日、ステレオやシンセサイザーなど希少価値が高い電子楽器や音響機器の一部は適用対象から除外するなどの対策を発表した。」と報じています。

以下、経済産業省の発表(引用は一部)

特別承認制度(いわゆるビンテージもの関係) いわゆるビンテージものと呼ばれる電子楽器等については、希少価値 も高く、絶縁耐力試験を含む自主検査について心配する声も存在する。 また、こうした電子楽器等は取扱いに慣れた者の間で売買される蓋然性も高いという特徴を有する。このため、下記の要件を満たす場合には簡単な手続で売買ができるようにする。

i)電気楽器、電子楽器、音響機器、写真焼付器、写真引伸機、写真引伸用ランプハウス又は映写機のいずれかであること。
ii)既に生産が終了しており、他の電気用品により代替することができないものであって、かつ、希少価値が高いと認められるものであること。
iii)旧法(電気用品取締法)に基づく表示等があるものであること。
iv)当該電気用品の取扱いに慣れた者に対して国内で販売するものであること。

SHOWBIZ
この記事が気に入ったら
フォローしてね!
最新情報をお届けします。
この記事をシェアしてくれると、とても嬉しい😆
いろんな WAVEFORM LAB をフォローしよう!
WAVEFORM LAB

コメント

タイトルとURLをコピーしました