bitmusic 値下げ

投稿日: カテゴリー: SHOWBIZ

SMEの音楽配信「bitmusic」が年内2万曲に拡充、価格も値下げ(Internet Watch)という記事が。ご存知の通り、bitmusic はサポートしている Windows 環境でのブラウザ以外のアクセスを拒否している。

「邦楽の旧譜と洋楽を一律1曲150円に値下げし、邦楽の新譜のみを従来のまま1曲200円とする。」「洋楽が1アルバム1,100〜1,600円、邦楽が1,000〜1,400円。」(同記事)とのこと。

なお、レーベルゲート対応の各メーカーサイトに限って見ても1曲あたりの料金設定はまばら。単価比較も調べておこうと思いますが、最近忙しいので。CD の逆輸入の問題もありますが、国内楽曲がどこらへんの価格に落ち着くのか。当分は新譜200円というところに落ち着くんでしょうね。個人的には200円でもいいから、もうちょっと使い勝手をよくして欲しい感じ。

bitmusic 値下げ」への2件のフィードバック

  1. >レコード会社とレコード店の持ちつ持たれつ
    恐らくはレコード店が提供するサービスが本命かなと。レーベルゲートはともかく、レーベルごとのショップはうまくいかないと思います。

  2. RoxioがNapstarを復活させたね。日本でのサービスは計画中らしーけど、今後どうなっていくのか。ITunesMSもBitmusicもそうだけど、レコード会社とレコード店の持ちつ持たれつがそれを許すのか。ちょっと見物です。

コメントは停止中です。