MachFive への道(2)

MYSTUDIO

MachFive 導入までの道のり第2回。

K’s デンキで 80GB/7,200/2MB のディスクを買って帰った。夜にごそごそと換装作業を開始する。現状の 20GB のハードディスクとスレーブ構成にして Mac OS X ジャグワイヤのインストールを開始。「ハードディスク準備中」でインストールがこける。「?」と思いながらパーテションを切り直し、インストール。今度は無事にインストールされる。インストールが終わり再起動。起動ディスクを延々と探しまわる Yosemite 。「???」。

ハードディスクは ATA133 のカードに接続してある。実は旧ハードディスクを接続した時にハードディスクの中身を待避させる場所がかなかったので、ドライバのクリーンインストールをしてなかった。相性が悪いのかスレーブ構成にできない感じ。ATA133 カードにはコネクタが2系統ある。次の日に K’s デンキで ATA HD のケーブルを買ってくる。巨大な家電屋が近くにできてホントによかった。

無事、起動もハードディスクのマウントもできるようになった。ソフトを次々にインストール。音楽系ソフトはシリアルを入れろ、だの CD を入れろ、だの iLok をさせだの、指示が多い。また、インストール CD は Mac OS 9.x 用だったものもある( PowerMac G5 だったらどーするんだ?)。久しぶりに疲れる。Mac OS X の MIDI Audio Setup もやり直しだ。何を何チャンネルに接続していたんだっけ?と、旧システムで再起動したりする。累積アップデートも盛りだくさんだ。

子供用のテキストをスキャンしてプリントする用事ができる。スキャナもプリンタも Yosemite に接続してある。ドライバをダウンロードしてきてインストール。「お、スキャナのアプリ、使いやすいのが出てた。」とか、「プリンタのふちなし印刷、まだ出来ないの?」とか。

ということで、週末は終了。MachFive の高品質で抜けのいい音(想像)はまだ聴けてないのだった。

MYSTUDIO
この記事をシェアしてくれると、とても嬉しい😆
いろんな WAVEFORM LAB をフォロー!
波形研究所 所長

WAVEFORM LAB(ウェーブフォーム・ラボ) は音楽制作、デジタルライフ、イノベーションをテーマとするサイトです。

1997年、伝説の PDA、Apple Newton にフォーカスした [email protected] を開設、Newton や Steve Jobs が復帰した激動期の Apple Computer のニュースを伝えるサイトとして 200万アクセスを達成。2001年からサイトをブログ化、2019年よりサイト名を WAVEFORM LAB に改称、気になるネタ&ちょっとつっこんだ解説をモットーにサイトを提供しています。

いろんな WAVEFORM LAB をフォロー!
WAVEFORM LAB
タイトルとURLをコピーしました