スポンサーリンク

Roland SP-404mk II Tips – SP404mk2 を Mac のオーディオインターフェイスとしてルーティングし、ヘッドフォンの抜き差しなしで Mac/SP-404mk2 のサウンドを確認する方法

RECORDING

Roland SP-404mk2

Roland SP-404mk2 がリリースされた。SP-404sx を持っているものの、新しくなったルックスとエフェクトの誘惑に負け、ついつい買ってしまった。

SP-404mk2 はカナリいい。いまひとつ操作を覚えきれなかった SP-404sx だが、ディスプレイも搭載されて使いやすくなった SP-404mk2 について、自分でもさわりながら気がついた便利な操作や機能をメモ的に綴っていきたいと思っている。最初のネタはオーディオのルーティングについて。

SP-404mk2 をオーディオデバイスとしてルーティングする

専用アプリでサンプルのインポートや設定は非常に簡単になった。しかし、Mac でサンプルやループを調整して、SP404mk2 でインポートしたサンプルを確認して、という操作をすると、その度にヘッドフォンをオーディオインターフェイスや SP404mk2 に繋ぎ直さないとならない。

オーディオは SP404mk2 に集約すると便利だ。

Roland SP-404mk2 - SP-404mk2 を Mac のオーディオインターフェイスとしてルーティングし、ヘッドフォンの抜き差しなしで Mac/SP-404mk2 のサウンドを確認する

SP404mk2 は USB-C によるオーディオ伝送に対応している。Mac に SP404mk2 を接続すると SP404mk2 がオーディオインターフェイスとして認識される。Mac のオーディオ出力先を SP404mk2 に設定すればいいのだが、 ROUGE AMOEBA Loopback を使えばオーディオのルーティングをアプリケーションごとに設定できるので便利だ。

sp404mk2-exts

この設定をした上で、SP404mk2 にヘッドフォンを接続し EXT SOURCE ボタンを押せば SP404mk2 のサウンドとあわせて外部ソースのサウンドをモニターすることができる。ヘッドフォンは SP404mk2 にだけ接続すればオーケー。




YahooS-SP404mk2

RECORDING
この記事をシェアしてくれると、とても嬉しい😆
いろんな WAVEFORM LAB をフォローください!
スポンサーリンク
波形研究所 所長

WAVEFORM LAB(ウェーブフォーム・ラボ) は音楽制作、デジタルライフ、イノベーションをテーマとするサイトです。

1997年、伝説の PDA、Apple Newton にフォーカスした [email protected] を開設、Newton や Steve Jobs が復帰した激動期の Apple Computer のニュースを伝えるサイトとして 200万アクセスを達成。2001年からサイトをブログ化、2019年よりサイト名を WAVEFORM LAB に改称、気になるネタ&ちょっとつっこんだ解説をモットーにサイトを提供しています。

いろんな WAVEFORM LAB をフォローください!
スポンサーリンク
関連する話題
WAVEFORM LAB

コメント

タイトルとURLをコピーしました