両端がないキーボード

RECORDING

キーボードさっき見かけた Garage Key という USB キーボード。鍵盤の両端がない(意味通じる?)。ピアニカでさえ鍵盤の両脇にはスペース(ボディの部分)がある。キーボードを弾ける人は端の鍵盤だからといって、タッチミスでボディに触れることなんてまずないんだけど、見ていてなんか不安(笑)。こんなキーボード買いたくない。

そういえば、M-Audio が USB バスパワーのピアノ鍵盤(ハンマーアクション)キーボードを発表したが、これも電力的に不安そう。ピアノ鍵盤だからといって消費電力に差はないんだろうけど、「大丈夫かなぁ」と思う。鍵盤を弾く人は鍵盤のタッチや素材、形状にある種の感覚を覚えてしまう。ギタリストがフィンガーボードに好き嫌いがあるのに似ている。

ちなみに僕はピアノ鍵盤マニア。マスターキーボードは KX88 だし、通常使っているキーボードも Ensoniq KT76 だ。運ぶには重いし、オルガンのグリッサンドが辛い。プラスチック鍵盤は苦手だが Nord Electro のようなコンボっぽい鍵盤は好きだ。もちろん、 Fender Rhodes も好き。

RECORDING
この記事が気に入ったら
フォローしてね!
最新情報をお届けします。
この記事をシェアしてくれると、とても嬉しい😆
いろんな WAVEFORM LAB をフォローしよう!
WAVEFORM LAB

コメント

  1. 鍵盤を作り慣れていないパソコン周辺機器寄りのメーカーが作る MIDI Keyboard はろくなものがないですよ。スイッチもどきとしか思ってないから。

  2. r.yamaki より:

    今日そのm-audioのピアノ鍵盤さわってきたけど、あれじゃオモチャだよ、、。出音がソフトシンセだったんだけど、何か余計オモチャに思えてしまった。

タイトルとURLをコピーしました