ROLI BLOCKS : 光るブロックで作るオンガク、小さくて手のひらサイズ、楽しそう!

RECORDING

ROLI BLOCKS

るものにはとことん弱い自分ですが、ROLI BLOCKS の販売が始まってました。ROLI は新世代のキーボード型コントローラー Seaboard RISE で有名になった音楽機材メーカー。Seaboard RISE だけでもぶっ飛んでたのですが、今度のデバイスも未来って感じです。

LED で光るパッドで作るオンガク。Native Instruments MASCHINE や Ableton PUSH 、Novation LunchPad と色々ありますが、これは小さくて可愛いです。ちょっと前に見て気になってたのですが、海外では販売が始まってました。いや、なんと、日本の Apple Store でも販売しています

ROLI BLOCKS

ROLI BLOCKS は modular music studio というコンセプトのもと、いくつかのデバイスで構成されます。意外に買いやすい価格なので売れるのではないでしょうか。

ROLI Lightpad Block

Lightpad Block
ROLI Lightpad Block は、入力の基本となるパッドデバイス。アフタータッチというか、プレッシャーレスポンシブな入力インターフェイスになっており、ドラムやメロディ、コードなどを入力するのに使います。

Lightpad BlockはROLI BLOCKSの中核を成します。モジュラー式の音楽スタジオであり、iPhoneまたはiPadのアプリケーションと連係します。Blockのタッチセンサー式サーフェスで、グライド、プレス、リフトなどの直感的なジェスチャーによってサウンドを形にします。サーフェスには四角形のグリッドが光り、100以上のサウンドのパレットでビートやメロディーを作るガイドをします。

Lightpad Blockは誰でも操作できます。アマチュアの音楽愛好家でも、プロの音楽家でも、応答性の良いサーフェスで簡単に音楽を制作できます。さらに、あなたの作った音楽が、まるでアコースティックな楽器で演奏しているように表現されます。

ROLI Lightpad Block は NOISE と呼ばれる専用のアプリと連携して使う。この2つが ROLI BLOCKS の最小環境となるようだ。

ROLI Lightpad Block は日本の Apple Store では 21,800円で販売されている。

ROLI Loop Block

ROLI Loop Block
次はこっちを紹介するべきかな。ROLI Loop Block は、演奏楽曲の録音系のコントローラー。ROLI Live Block には録音・再生ボタンなどがないから、このデバイスがあると便利だと思う。Lightpad Block の四方側面には BLOCKS DNA コネクタと呼ばれる接続端子があり、カチャっと接続して使う(マグネットでくっつく)。

ROLI BLOCKSシステムの一部であるLoop Blockを使えば、BLOCKSによる楽曲の録音をより簡単に楽しめます。Loop Blockでテンポの設定、ループの録音やクオンタイズをコントロールすれば、テンポとループのタイミングがぴったり合います。スタジオの録音テクニックを指先で利用できるので、トラックを重ねて、驚くような音楽を簡単に作曲することができます。

ROLI Live Block、次の Loop Block は 9,800円で販売中。

ROLI Live Block

ROLI Live Block
ROLI Live Block は主に音階コントローラー。スケール、オクターブ、コード、アルペジエータなどの切り替えを担当する。

ROLI BLOCKSシステムの一部であるLive Blockを使うと、BLOCKSによるリアルタイムの演奏をより簡単に楽しめます。Live Blockは、スケールやオクターブの切り替え、コードやアルペジオの演奏、音の長さなどをコントロールします。様々な機能を指先で利用できるので、あなたの音楽パフォーマンスをより豊かに表現できます。ソフトウェアのメニューを探し回る時間は必要ありません。

使い始めるには、あなたのiPhoneまたはiPadにROLIの無料アプリケーション「NOISE」をダウンロードするだけです。次に、Live BlockをLightpad Blockに接続します。物理的な接続にはBLOCKS DNAコネクタ、ワイヤレス接続にはBluetoothを使用できます。

とりあえず、ROLI Lightpad Block と NOISE があればいいのかな。うーん、どうしたものかな。

重要追記その1:ROLI BLOCKS の動作には NOISE というアプリが必要。NOISE は現時点で iOS のみに対応しており Android 版はない。iOS であっても、NOISE が古いバージョンの iOS では動かないため注意が必要。僕の iPad mini では動かないのだ。

NOISEの互換性 iOS 9.3以降。iPhone 5s, iPhone 6, iPhone 6 Plus, iPhone 6s, iPhone 6s Plus, iPhone SE, iPhone 7, iPhone 7 Plus, iPad Air, iPad Air Wi-Fi + Cellular, iPad mini 2, iPad mini 2 Wi-Fi + Cellular, iPad Air 2, iPad Air 2 Wi-Fi + Cellular, iPad mini 3, iPad mini 3 Wi-Fi + Cellular, iPad mini 4, iPad mini 4 Wi-Fi + Cellular, 12.9-inch iPad Pro, 12.9-inch iPad Pro Wi-Fi + Cellular, 9.7-inch iPad Pro, 9.7-inch iPad Pro Wi-Fi + Cellular, and iPod touch (6th generation)

重要追記その2:そして、ハードウェアの ROLI BLOCKS の動作は下記の環境が必要と書いてある。

NOISE requires iOS 9.0 or higher and can take advantage of Apple’s 3D touch capabilities on the iPhone 6s or higher and the iPad Pro. 3D Touch capabilities are not required as the Lightpad Block offers 5D Touch. The following iOS devices have been tested and are supported.
iPhone 6 or higher
iPhone SE
iPad Mini 4 or higher
iPad Air 2
iPad Pro (9.7 and 12.9 inches)

iPad mini の古いモデルが削られているので注意が必要。まぁ、Lightpad Block があるんだから母艦は iPad である必要はありませんが。念のため。

NOISE
カテゴリ: ミュージック
執筆時点の価格: 無料

RECORDING
この記事が気に入ったら
フォローしてね!
最新情報をお届けします。
この記事をシェアしてくれると、とても嬉しい😆
いろんな WAVEFORM LAB をフォローしよう!
WAVEFORM LAB

コメント

  1. takuji_k より:

    光るものならとことん弱いのならTENORI-ONもどうか忘れないで。