Stylophone からステップシーケンサーやMIDI端子を搭載した本格的なアナログシンセサイザーが登場、Stylophone Gen R-8

RECORDING

Stylophone Gen R8

NAMM 2019 がいよいよ開幕しますね。NAMM 本番での注目度をあげるために、各社、既に新製品の情報を流し始めていますが、気になるもの、コルグのアレとか teenage enginnering のアレとかをとりあげていこうと思います。

完全なアナログシンセサイザーになった Stylophone

Stylophone Gen R8
まずは、Stylophone の新製品、Stylophone Gen R-8 by Dubreq です。Kraftwerk も使っていたアナログ回路&電磁タッチペンで音を出すおもちゃ、Stylophone が完全なアナログシンセサイザーになっちゃってます。あまりの本格スペックに紹介せざる負えない感じです。

DUBREQ は全く新しいタッチアナログシンセサイザー Stylophone Gen R-8 を発売します。デザイン・製造は英国製です。より大きく価格もシンセサイザーの機能をたくさん盛り込んでいます。Stylophone Gen R-8 は NAMM 2019 のハイライト商品になること間違いなしです。

  • フルアナログ回路
  • スチール製のボディ
  • デュアル VCO、ノコギリ波・矩形波・PWM(オシレーター1)
  • サブオシレータ・サブサブオシレータで部屋を轟かすベースを
  • ユニークなブリティッシュデザインの 12db VCF、ローパス・ハイパス、バンドパスとワイドノッチ
  • 速くパンチの効いたエンベロープ
  • 高感度・3オクターブのタッチキーボード
  • 表現力豊かなパフォーマンスコントロールを実現するグライド・モジュレーションキー
  • サンプル&ホールド・ワンショットを備えた 8波形 LFO
  • 高度なモジュラーパッチに対応した 19 CV / Gate パッチポイント
  • モジュレーション CV によるダーティなアナログディレイ
  • エクスタラブースト・太いサウンドを実現するドライブノブ
  • 8バンク・オンザフライによるスイッチングが可能な 16ステップシーケンサー
  • MIDIイン/アウト

価格は £299 / $349 / €329、2019年 2月末に出荷予定

気になるのが、This is a currently a limited edition product.(現時点でリミテッドエディションのプロダクトだ) という表記。おいおい煽るなよぉ。

Stylophone Gen R-8

ビデオで確認して欲しいが、シンセガジェット(オモチャ)だった Stylophone が完全にアナログシンセサイザーになっている。サウンドも凄いし、ノブがたくさんある。現在のモジュラーシンセを意識したのは分かるとして、驚くことにシーケンサーや MIDI インターフェイスまである。Stylophone で MIDI って!

ACアダプタ端子もあり、完全楽器になっちゃってます(価格も Stylophone の 10倍ぐらいだけど)。

モジュラーシンセに接続できる CV アウトが並んでいるのも面白いし、オシレーターもサブ・サブサブで合計6つのオシレータで鳴らすことができるみたい。指で操作できるようになったタッチキーボードはモジュレーションにもアサインできるようで、Keith Emerson のようなプレイも可能なよう。

Stylophone Gen R8

これは買いではないか?

カルト的な人気を誇る Stylophone


Stylophone(スタイルフォン)は 70年代に登場した電子楽器ガジェット。ヨーロッパを中心にカルト的な人気を誇る。Kraftwerk がまだメンバーが動いてパフォーマンスを行っていた時代、Pocket Calculator ほかの楽曲で Stylophone を使っている。

Kraftwerk – Pocket Calculator Live 1981

また、David Bowie の Space Oddity でも使われているのが有名。

スタイラスペンで金属製の鍵盤をタップする、というのも歴史的な鍵盤楽器を否定しているようで斬新だし、グライド演奏も可能というなかなか面白い楽器だ。

自分も復刻版を1台持っている が、「まぁ、楽しいオモチャだね」という感じ。

もうすぐプレオーダー開始か

とりあえずは NAMM 2019 でのニュース・レビュー待ちでいいと思うが、 本あ家サイトではプレオーダーを通知するメール登録が始まっている(購入を確約するものではない)。

波形研究所長
波形研究所長

新しい Stylophone、アナログシンセとしても面白い。ぜひチェックしてみてくれ!

コメント