KORG Volca drum : 演奏するドラムマシン、ここに登場。コルグの新製品で一番の買いはこれ!

RECORDING

KORG Volca drum

KORG の新製品の話を。ハードウェアシンセサイザーではガジェットサイズの Volca シリーズから Volca modularVolca drum、アナログシンセサイザー minilogue をパワーアップした minilogue xd、新たにItalian Grand Pianoを追加した KRONOS Special Edition、音色を大幅に追加しディスプレイなど刷新した KROME EXあの RYPPHYPE 某ヤマキ氏がプリセットを一部提供している)など。

正直、全部気になるんだけど、最も期待している Volca drum から。

演奏するドラムマシンガジェット Volca drum

KORG Volca drum

Volca drum はミニサイズのシンセサイザーガジェット Volca シリーズの3番目のドラムマシーン。KORG では「デジタル・パーカッション・シンセサイザー」と紹介している。

シンプルなトリガー波形をベースに、ウェーブ・フォルダーやオーバードライブによる倍音や歪みを加え、ウェーブガイド・レゾネーター・エフェクトによってリアルな響きを与える。6パート構成のDSPシンセ・エンジンは通常のドラム・マシンとは全く違った発想で作られたもので、想像を超える多彩なサウンドを生み出します。そしてもちろん、このサウンドをvolcaスタイルのシーケンサーで演奏可能。

あなたのリズムにこの個性的なサウンドを加えれば、パフォーマンスや制作に革新的な変化をもたらすことでしょう。

実際、同時発売の KORG Volca modular を差し置いてこの Volca drum が気になっているのは その複雑でバリエーションの高いサウンド。打ち込みではなく、リアルタイムにノブをいじることで「演奏するドラムマシン」に仕上がっている。

基本構成は、デジタルタイプのシンセ音源を6パート搭載している。同時に発音できるサウンドは6音。シーケンサーは6パート+16ステップというシンプルなもの。116のパターンを記録し、パターン・チェインも可能だ。

アナログモデリング+倍音合成系フィルターという個性的回路

KORG Volca drum

デジタルシンセ音源ではあるが、サンプリングではなく DSP によるアナログモデリング。なのでアナログ的な音作りが基本となる。このサイズでアナログモデリングが可能なのかと驚くけど。

6パートの 各 2レイヤー構成。オシレーターが発する波形は 2つのピッチ・アンプEG レイヤーに送られる。それをビットリダクションやウェーブフォルダ、オーバードライブなど主に倍音合成的なフィルタで音色を加工する。

エフェクトもウェーブガイド・レゾネーターという響き系のエフェクトを搭載。

ここが Volca drum を個性的にしているポイントで、「楽器観ありきのサウンドエンジン設計」ともいえる回路の構成力がコルグの真骨頂かと思ってる。

スライスやアクティブステップを搭載、「演奏」を意識したシーケンサー部

ツマミの動きを再現するモーション・シーケンス対応の 16ステップシーケンサーはドラムのリアルタイム操作に特化した機能が搭載されている。

ステップの再生ポイントをボタン操作できるアクティブステップ、最近のグルーブに欠かせないスライス(ハイハットの極端に細かいロールのアレ)、チョーク(発音制御、ハイハットのオープン・クローズを相互に排他する時に使うものだが、これを使えばサンプルを細かく刻んだ感じのグルーブも作れる)、アクセントは16段階(多い)設定が可能。。

KORG volca drum: Welcome to an infinitely expanding world of sound-design

また、Volca シリーズとしては初の カスタム LCD がレトロな感じでよい。2019年2月中旬発売予定で 20,000円で発売予定とのこと。

波形研究所長
波形研究所長

KORG modular は ICON さんの開発者インタビューを読んでみて。ICON さんの独自取材でクオリティ高い記事は最高だよ。

NAMM 2019: コルグ開発チームが語る、モジュラーの魅力が凝縮された新型volca、「volca modular」のすべて
来週木曜日にスタートする世界最大の楽器のトレード・ショー、『The NAMM Show』。その開幕に先駆けてコルグは本日、「minilogue xd」、「volca modular」、「volca d

コメント