VISUAL ANTHOLOGY / THE SQUARE

投稿日: カテゴリー: MUSIC

VISUAL ANTHOLOGY VOL.1最近はめっきり聴かなくなったジャパニーズフュージョン。高校生の頃は THE SQUARE / CASIOPEA 全盛だった訳ですが、その頃のアルバムでも友人と聴き込んだのが THE SQUARE LIVE 。キャッチな曲が多いし、メドレーやソロを各パートでまわす Japanese Soul Brothers など、ライブならではの「仕掛け」が楽しい、中期スクエアの名アルバムです。 JSB は無謀にも文化祭ライブで演奏、玉砕した想い出が(笑)。

その THE SQUARE LIVE のライブ映像がおさめられたのが、このボックスセット、VISUAL ANTHOLOGY VOL.1 / THE SQUARE。 VOL.1 は CONCERT LIVE ADVENTURES、R.E.S.O.R.T.、THE SQUARE LIVE、則竹裕之と須藤満が加入した LIVE IN NEW YORK で構成されています。僕は伊東たけしが脱退した以降のスクエアは聴いていないし、 TRUTH 以後は映像もよく見たので、ここは VOL.1 をチョイス。

さて、この SQUARE LIVE 、高校時代から話題で持ち切りでしたが、実際に映像を見るのははじめて。見所は「田中豊雪(ベース)が歯でチョッパーやっているのは本当か」、「JSB のベースソロの E弦連打はダブル(右手+左手)か?」、「OMENS OF LOVE 終盤のリリコンの1オクターブピッチベンドはどうやってるのか?」、「田中豊雪が弾くベース音源となっているシンセは本当にカシオなのか」あたりです。はい、実にマニアック。

ま、結果は DVD を見ていただいての楽しみとしましょう。ちなみに最後のベース音のシンセはカシオ製ではありませんでした(残念)。みんな若いですね。伊東たけしはリリコンの後、 YAMAHA のウィンドコントローラー、 AKAI EWI へと乗り換えるのですが、映像を見る限り、リリコンは確かにコントロールが難しそうです。ピッチベンドなどのキーも見当たらず、上記のオクターブピッチベンドはとんでもない裏技で実現していました。この瞬間は見物です。

この映像は THE SQUARE LIVE のアルバム音源とは少々違ってます。アルバムはオーバーダブしたのか、ツアーのいいところを再構成したのか。ギターソロはアルバムそのもので、サックスソロが違っていたりするので前者かもしれません。ただ、曲のアレンジも少々違うので、安藤のソロが毎回同じ可能性も(笑)。

このボックスセットシリーズ、バラに DVD を買うよりカナリお得。 1枚あたり4〜5千円あたり出す気がイマイチおきなかったのですが、バラで買ってなくてよかった。あとは NATURAL のライブあたりがあればいいかな。