Staccal 2 UI変更:イベント情報修正を片手で操作するケース

投稿日: カテゴリー: DESIGN, PDA / iPhone / iPad / Apple Watch

Staccal_Compare登場したばかりの Staccal 2 。触ってます。気になったところをメモ。イベントの修正をしていた時に、「変更画面へのステップが増えた?」と違和感が。 Staccal と比べても画面が増えたということはなく。情報修正のための入力ボタン(鉛筆マーク)の位置が変わっていた。

例えば、「入力済みの幹部会の時間を変更する」とする。操作は、画面より当該イベントをタップ、入力プレートを表示させ、そこで鉛筆マークをタップして情報修正画面を呼ぶ、という流れに。

しかし、新しい Stacccal 2 では、入力修正のための鉛筆マークが画面上部にあるため、片手で操作していると手が届きません。通常、イベントをタップする時は「予定内容を修正したい」か「イベントの詳細情報( URL やメモなど)を読みたい」か、「予定を削除したい」時。しかも情報入力画面の「保存」ボタンが Staccal では右上にあるのだが、Staccal では 左上にあります。

従来は「予定をサクッと修正して最後に右上に指を延ばし保存して終了」だったのが、「右上に指を延ばして入力モード、情報を修正して左上にさらに指を延ばす」と導線が V時型に。うーん。

もちろん、両手で操作する人は問題なし。でも、iPhone は現状では片手で操作できる大きさというコンセプトなので、片手でも楽に操作できるといいなぁ、と。おそらく、iOS 7 のフラットデザインのアイコン位置というのはこういう配置なのかもしれませんが。

参考にしてもらえるとありがたいです。

———
2014.1.23 捕捉:イベント詳細画面を下に引っ張ると編集画面になります。コメントのたかしさんに教えていただきました。

Staccal 2 – 12種類のカレンダーとリマインダー
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: ¥100



Staccal 2 UI変更:イベント情報修正を片手で操作するケース」への3件のフィードバック

  1. イベント修正画面、右上の鉛筆マークでもクローズできますね。引っ張って編集モード、右上でクローズ、押し上げて格納という流れがストレスないです。

  2. スライドさせると変更画面に飛びますよ。
    まー右下にあった方が楽な気はしますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください