MASCHINE が10周年 – 限定オレンジモデルも登場!

RECORDING

maschine-10-years
Native Instruments の MASCHINE が発売から 10周年を迎え、MASCHINE の10年を振り返る 10 YEARS OF MASCHINE を公開している。

10 Years Of Maschine
Join us as we rewind back to iconic moments, fast-forward to the future, and spend quality time with some of our favorite artists to celebrate 10 years of MASCH...

10周年を迎えた MASCHINE

MASCHINE は 2009年4月1日に発売されたグループプロダクションスタジオ。Jeremy Ellis のパフォーマンスビデオでフィンガードラミングに興味を持った人は多いと思うんだけど、あれ、2010年の映像だったんだね。今見てもかっこいい。

Jeremy Ellis performing on MASCHINE | Native Instruments

MASCHINE は、AKAI MPC をルーツに持つパッド型 DAW なんだけど、AKAI MPC と異なり、前提としてコンピュータと専用ハードウェアのセットとして運用する形で登場した。コンピュータベースとしたことで、新しい機能を段階的かつ継続的に投入することができた。

現在、MASCHINE のアプリケーションバージョンは V.2.8.3 だけど、V.1.5 でサンプリング機能、V.1.6 で VST互換、音源を強化し UI を見直した V.2 と着実に進化。機能改善や最近では Sound.com インテグレーションなど、アップデートは頻繁におこなっている。また、この 10年間でハードウェアは3世代のバージョンアップがあった。一方で、ソフトウェアの有償アップグレードは V.2 の時の1回のみ。ありがたい。

MASCHINE を使っていて感じること

Native Instruments MASCHINE 2.7
MASCHINE を使っていて感じるのは、MASCHINE のサウンド・サンプルの良さ直観的なワークフロー だ。

MASCHINE は拡張音源(Expansion)が充実しているだけあって、KOMPLETE とか買うと、とにかく大量の音源・サンプルが付いてくる。しかし、巷のサンプラー用のドラム音源ライブラリと違って、使える音が揃っている。808/909 系を選択しても、808/909 のソリッドな音源から脚色が強い音源まで一気に比較・選択できる。また、サンプルだけでなく、Drumsynth も使えるヤツだ。ビートメイキング系は MASCHINE でお腹一杯、という感じ。こいつさえあればいい。

また、ワークフローというか、DAW としてのシンプルさもいい。MASCHINE は固有のライブラリやシンセサイザー音源、NIのソフトウェア音源、VST系音源まで統合しているので、MASCHINE だけですべてのパートを完結できる。楽曲として仕上げるにはパートをまたいだレコーディングやオートメーションが出来ないので Digital Performer を使うが、曲のモチーフ検討は圧倒的に MASCHINE だ。

ドラムのビートを音色の選択やその配置について慎重吟味しながら構築し、次にベース、パッドでコードを付けて、キーとなるオブリガードや SE を選択する。これを専用のハードウェアと Mac のソフトウェアでガンガン、ストレスなく作り上げる。サウンドやパートデータを MASCHINE で作った後に、DP にドラッグ&ドロップで移植してまとめあげるのが一番早い。

また、MASCHINE Mk3 ハードウェアにはオーディオインターフェイスが内蔵されたので、アナログシンセのインプットやモニタリングも MASCHINE が中心になっている。本当にいいヤツです。

そろそろ MASCHINE の弱点でもあるソングモードを改善した MASCHINE 3 に登場いただきたいところ。今年の秋くらいにはお願いしたい。

世界限定 100ユニットだけのオレンジモデル発売

MASCHINE FLAME ORANGE
最後に物欲を刺激するニュース。10周年を記念して、世界限定100ユニットだけの限定モデル、MASCHINE MK3 FLAME ORANGE バージョンが登場(75,800円)。オレンジ好きとしてはたまらないんだけど、MK3 持ってるからなぁ。ホント、どうしよう。

— update
限定オレンジモデルは 9月3日に NIショップでオーダー開始だそうです。

Native Instruments グルーヴ制作システム MASCHINE MK3
Native Instruments
¥66,354(2019/11/20 14:51時点)
サンプラー、アレンジャー、ミキサー、FX等を搭載したハードウェア/ソフトウェアの統合システム
NATIVE INSTRUMENTS ネイティブインストゥルメンツ/グルーヴ制作システム MASCHINE MIKRO MK3
Native Instruments
¥29,000(2019/11/20 15:38時点)
パワフルなソフトウェアと優れた感度のハードウェアが連動した、コンパクトな音楽制作インストゥルメント。Pad modeでドラミング、Keyboard modeでメロディー演奏、Chord modeでコード進行の作成、Step modeでステップシーケンサーのプログラミングなど、16のパッドを使った4つの演奏モードを装備
RECORDING
この記事が気に入ったら
フォローしてね!
最新情報をお届けします。
この記事をシェアしてくれると、とても嬉しい😆
いろんな WAVEFORM LAB をフォローしよう!
WAVEFORM LAB

コメント

タイトルとURLをコピーしました