スポンサーリンク

Native Instruments が創業 25年を記念した限定モデルを発売、無償プラグインも

RECORDING

THE 25TH ANNIVERSARY COLLECTION

Native Instruments が創業 25年を迎えたそうだ。25周年を記念して、THE 25TH ANNIVERSARY COLLECTION の販売を開始した。ブルー・ホワイトで染められた各種プロダクトを限定販売する。また、25年にわたる Native Instruments のサウンドを盛り込んだ記念プラグインを無償配布している。

25周年を迎えた Native Instruments

THE 25TH ANNIVERSARY COLLECTION

2021年は、Native InstrumentsがGenerator 1.0を発表してからちょうど四半世紀にあたり、この特別な年を記念した製品をご用意致しました。数量限定のコレクションとして人気の高いハードウェア製品6機種を、大胆で未来的な2種類のカラー(UltravioletとVapor Gray)で再構築しました。ボタンやキーなど、ディテールに至るまで、洗練されたモノトーンのデザインが施されているほか、すべてのユニットにハンドナンバリングが施され、ユニークな反射材がアクセントとなっています。

Native Instruments の創業は 1996年 6月 3日だそうだ。Native Instruments blog では From the future of sound to the future of music で CEO/CPO の Robert Linke のコメントを掲載している。

本日、Native Instruments の25周年という大きな成果を祝いたく思います。この四半世紀、音楽クリエイターの生活にポジティブな影響を与えた過去・現在の勤勉なチームの素晴らしい才能と創意工夫を非常に誇りに思っています。また、私たちの歩みを後押ししてくださった何百万人ものクリエイターやお客様、コミュニティへの貢献を継続させてくださった方々、そして私たちの改善に向けてフィードバックをくださった方々にも大変感謝しております。

音楽制作、パフォーマンス、サウンド制作の中心がコンピューターになるような未来を夢見て描いた大胆なスタッフがいなければ、このようなことは実現しませんでした。Stephan Schmitt、Volker Hinz、Michael Kurz、Lorenz Heine、Daniel Haver、Egbert Jürgens、Mate Galic の信じられないほどの才能、情熱、行動力に感謝します。

1996年、私たちは、新しいPCパワーを利用してサウンドの宇宙を創造するというアイデアでスタートしました。25年後の今、私たちは音楽業界が完全に変化していることに気づきました。私たちは、自分たちの仕事が音楽制作の民主化の原動力となったことを謙虚に受け止め、従来の限界や制約から解放されて音楽が創造され、演奏され、出版され、聴く方法の変化の一端を担うことができたことに感謝しています。

2021年、Native Instruments は、世界クラスの楽器、最先端のサウンド、革新的なハードウェア・ソフトウェア体験の代名詞となりました。幸運なことに、私たちは最も才能のある音楽プロデューサー、DJ、作曲家の方々は我々のお客様です。彼らは当社の製品を使用して、世界中の新しいジャンル、コミュニティ、音楽文化に影響を与えています。また、開発者や配信プラットフォームを通じて、数え切れないほどの新しい楽器製作者に、独自のソフトウェア・インストゥルメントを夢見て開発し、収益化を奨励し、ソフトウェア・インストゥルメント界の活性化に多大な貢献をしてきました。

最近の Native Instruments のミッションは、音楽の未来を形作るクリエイターを鼓舞することです。私たちは常に技術的な限界を押し広げ、最も革新的な製品を作り続けていますが、私たちの最大の目標は、より多くの人々が音楽を作ることに喜びと成功を見出すようにすることです。私たちは、音楽に情熱を注ぐすべての人が、必要なツールにアクセスし、教育の機会や繁栄するコミュニティを通じて、その旅をサポートするべきだと考えています。

クリエイティブな世界には、ありとあらゆるバックグラウンドを持った人々が集まっていますが、現在の芸術ツールやリソースへのアクセスには、それが反映されていません。私たちは、音楽制作者がどのような音楽を作っていても、彼らが成功するために必要なツールを提供することに情熱を注いでいます。クリエイターは、その能力、場所、アイデンティティ、ジャンルの好みに関わらず、優れた品質とアクセス性を持つべきです。私たちには困難な仕事が待ち受けていますが、音楽制作の民主化において私たちが果たした役割と同様に、より多様で包括的な、真にグローバルな音楽コミュニティの構築に取り組んでいます。

私たちの歴史におけるこの重要な節目を祝うために、私たちのチームは、ベッドルームやシャングリラを問わず、すべてのスタジオにインパクトを与えることができる、美しく細工された限定版のハードウェアの新シリーズを作りました。さらに、KONTAKT Play シリーズのインストゥルメントを作成しました。その名も「TWENTY FIVE」。皆さんがどんな作品を作ってくれるのか楽しみですね。

私たちと一緒に25周年を祝い、音楽の未来を夢見続けましょう。それが私たち全員の毎日のインスピレーションになるのです。

コンスタンチンとロバート、Native Instrumentsチームを代表して

THE 25TH ANNIVERSARY COLLECTION

ブルー・ホワイトの限定モデルは このページを参照して下さい。MASCHINE+、MASCHINE Mk3、KOMPLETE KONTROL S49/S61、TRAKTOR KONTROL S4、TRAKTOR KONTROL X1 が対象となっています。数量限定です。

無償配布のプラグイン、Twenty Five

25周年を記念して、Twenty Five というソフトウェア音源が無償配布されている。Twenty Five は、Native Instruments が創り出してきた様々なインストゥルメントから選りすぐったサウンドをまとめたサンプリング音源。KONTAKT PLAYER(以上)で動作する。プリセットの数は 150。一通りのサウンドジャンルが収録されている。

Twenty Five

Native Instruments に慣れ親しんだプレーヤーなら、ベースとなるインストゥルメント別にプリセットを、という話もあるが、実際は2レイヤーのサウンドを重ねたサウンドなので、「あー、あれね!」という懐かしさはないものの、「使える」音源となっている。

おめでとう、Native Instruments

THE 25TH ANNIVERSARY

このブログを検索する限り、Native Instrumnets の製品を使いだしたのは、B4 Organ、Battery のようだ。2003年当時。日本の代理店もしっかり頑張っていたからか、当時でも楽器屋でもよく見かけた。MASCHINE は Ver.1 から気になっていて、特にドラムキットのサウンドが抜群によかったのだが、MASCHINE のハードウェアが大きいのと、Digital Performer の上で MASCHINE を動かすというのがピンとこなかった(どちらでも MIDI トラックを扱えるからね)。

その後、MASCHINE は Mk2 が出たタイミングあたりで買ったんだけど、「もっと早く買っておけばよかった」と思ったものだ。その後、KOMPLETE を買ってからは Native Instrumnets 製品を多く使うようになった。Mk1 だが KOMPLETE Kontrol MIDI キーボードも愛用している(Mk2 欲しいいけど、壊れないんだよね)。

25周年あたりで MASCHINE 3 に登場してもらいたかったのだが、まだ時間がかかるようだ。真っ白の KOMPLETE KONTROL S61 でも買おうかな(あ、意外に高いや)。

Native Instruments、25周年おめでとう。これからもよろしく。

RECORDING
この記事をシェアしてくれると、とても嬉しい😆
いろんな WAVEFORM LAB をフォローください!
スポンサーリンク
波形研究所 所長

WAVEFORM LAB(ウェーブフォーム・ラボ) は音楽制作、デジタルライフ、イノベーションをテーマとするサイトです。

1997年、伝説の PDA、Apple Newton にフォーカスした [email protected] を開設、Newton や Steve Jobs が復帰した激動期の Apple Computer のニュースを伝えるサイトとして 200万アクセスを達成。2001年からサイトをブログ化、2019年よりサイト名を WAVEFORM LAB に改称、気になるネタ&ちょっとつっこんだ解説をモットーにサイトを提供しています。

いろんな WAVEFORM LAB をフォローください!
スポンサーリンク
関連する話題
WAVEFORM LAB

コメント

タイトルとURLをコピーしました