SONY MDR-CD900ST 登場から 30年、スタジオ用プロフェッショナルヘッドホン SONY MDR-M1ST 販売開始

RECORDING

SONY MDR-M1ST

SONY から新しいスタジオヘッドフォン MDR-M1ST が発売されている。現在、MDR-CD900ST を使っているんだけど、新しく登場した MDR-M1ST は各所のレビューの評判もよく、気になる気になる。

MDR-M1ST はハイが痛くないらしい

リスニング用ヘッドフォンが「聴きやすく・楽しく」音が鳴るように作られているのに対し、スタジオ用のヘッドフォンはサウンドメイキングのモニタリングに特化していて、分解能や周波数帯域、定位やバランスが求められる。スタジオ標準とまで言われた SONY MDR-CD900ST が登場したのが 30年前の 1989年。とにかく分解能が優れていて、各定位で何が何をやっているかを掴みやすいヘッドフォンだ。

SONY MDR-CD900ST はちょっとハイ領域が大きめで、長く聴いていると「ちょっと痛くなる」と言われることも多い。ローからハイが広く感知できるので MDR-CD900ST だけでミックスすると、普通の iPhone やしょぼいスピーカーで鳴らすと「地味なサウンド」になってしまう。手を抜かずにモニタースピーカー(ウチは YAMAHA HS5)や、エンコードして iPhone でチェックすべきなのだ。

今度の SONY MDR-M1ST は「ハイが痛くない」 と評されているで期待が膨らむ。ハイレゾコンテンツ対応でスペックは再生周波数帯域が 5-80,000Hz (JEITA) と MDR-CD900ST の 5~30,000Hz(JEITA)から改善している他はスピーカーのドライバユニットのサイズも同じ。うーん、気になる。

MDR-M1ST

コネクター方式は便利

一度、お店で聴いてみてもいいのかもしれないけど、これなら即買いでもいいと思っている。うん、買おう。

価格が MDR-CD900ST の倍くらいする 31,500円(税別) 。アマゾンでも同じ価格。MDR-M1ST は一般コンシューマ向けではないので値引きとかないのかな。リハスタ常設のヘッドフォンとしては MDR-CD900ST が引き続き重宝されるのかも。

SONY MDR-M1ST

ソニー・ミュージックソリューションズ ハイレゾ対応スタジオ用モニターヘッドホンSONY MDR-M1ST
ソニー・ミュージックソリューションズ
¥33,700(2020/04/29 23:17時点)
ソニ- ハンドメイド プロ仕様 ヘッドフォン
SONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST
ソニー(SONY)
¥16,000(2020/04/29 23:17時点)
形式:密閉ダイナミック型、ドライバーユニット:40mm、ドーム型(CCAW採用)

RECORDING
この記事をシェアしてくれると、とても嬉しい😆
いろんな WAVEFORM LAB をフォロー!
波形研究所 所長

WAVEFORM LAB(ウェーブフォーム・ラボ) は音楽制作、デジタルライフ、イノベーションをテーマとするサイトです。

1997年、伝説の PDA、Apple Newton にフォーカスした [email protected] を開設、Newton や Steve Jobs が復帰した激動期の Apple Computer のニュースを伝えるサイトとして 200万アクセスを達成。2001年からサイトをブログ化、2019年よりサイト名を WAVEFORM LAB に改称、気になるネタ&ちょっとつっこんだ解説をモットーにサイトを提供しています。

いろんな WAVEFORM LAB をフォロー!
WAVEFORM LAB

コメント

タイトルとURLをコピーしました