スポンサーリンク

Roland GO:MIXER PRO-X 登場 – 動画配信・スマホ接続ミキサーの決定版登場、短いケーブル対策も記載

PDA / iOS Device / Apple WatchRECORDING

GO:MIER PRO X

Rolad のスマートフォン用のオーディオミキサー GO:MIXER に新モデル、GO:MIXER PRO-X が登場した。スマートフォンのビデオカメラと連動することで、楽器機材紹介動画や、弾いてみた系の動画を簡単に作ることができる GO:MIXER。GO:MIXER PRO X は GO:MIXER PRO の後継機種だ。ボディはブラックカラーとなった。

GO:MIXER PRO X 旧モデルとの比較

GO:MIXER はギターやキーボード、DAW などの外部出力類をミキサーとしてまとめ、スマートフォンに送ってくれるデバイスだ。通常のミキサーと異なり、コンパクトであること、スマートフォンに直付けできる特長がある。ハイ・インピーダンス対応のインプットジャックなので、ギターやベースなどの高出力の楽器も気軽に接続することができる。

GO:MIXER PRO X は前述の通り、GO:MIXER の上位機種 PRO の後継機種だ。GO:MIXER PRO との違いをとりあげていく。

まず、扱えるオーディオ・チャンネル数が 入力は 9 から 11チャネル、出力が 2 から 3チャネルに増加 した。

接続端子を整理しておくと、INSTRUMENT(L/MONO、R)/ LINE IN 1&2 / GUITAR/BASS / MIC コンボ・タイプ(XLR、TRS標準)という部分は変更なし。

旧GO:MIXER PRO の PLUG IN MIC 端子が SMARTPHONE IN/OUT端子に変更されている(4極ステレオCTIA)。そしてヘッドフォン用端子だった MONITOR OUT が HEADPHONE/HEADSET端子(4極ステレオCTIA)になり信号のインプットに対応した。これでチャネル数が増えたということになる。

GO:MIER PRO XGO:MIER PRO X

GO:MIER PRO X

インプットチャネルの増加により、コントローラーノブ部分も若干変更されている。アルカリ電池によるバッテリー連続使用時間は30分減少した約4時間、付属のUSBケーブル数が1本減った以外は特段変更はないようだ。

GO:MIER PRO X

GO:MIXER付属ケーブルが短い 変換コネクタで解決

GO:MIXER ケーブル

自分は初代の GO:MIXER を使っているがケーブルが短いのがネック。GO:MIXER PRO のように本体に iPhone を置いて使う分には十分な長さなんだろうけど、俯瞰で撮影する時は大変。GO:MIXER には標準ジャックがばらばらついている状態なので重い。GO:MIXER が落ちて空中設置の iPhone もつられて落ちることがよくあった。

USB MicroB → Lightning なんてケーブルは滅多に見つからず、Lightning → USB(OTG)変換コネクタを買ってみたが、電源が共有されなかった。なので、iPhone 用の USB アダプタに買い直したところ正常に接続できた。動作が確認できた機種を記事末に掲載しておく。本当はこのネタで1本記事を書くつもりだったんだけど(笑)。

非常に使いやすくお値段も手頃

GO:MIXER は本当に便利。スマホ接続ミキサーは GO:MIXER 一択だと思う。気軽に楽器紹介とかできる。GO:MIXER PRO X がアマゾンでは 19,800円と初代モデルより安くなっているのでオススメだ。発売は7月末だが先行予約ははじまっている。すぐ売り切れると思うのでお早めに。

Roland ローランド/GO:MIXER PRO-X モバイル・デバイス専用ポータブル・ミキサー
Roland(ローランド)
¥18,900(2022/05/23 05:23時点)
手のひらサイズのモバイル機器向けオーディオ・ミキサー
[最新アップグレード版] l Phone usb 変換アダプタ 2in1 カメラアダプタ i-Phone/i-Pad専用 変換アダプタ OTG機能 急速充電 写真-音声ファイル 双方向ドライブ 高速伝送 プラグアンドプレイ Uディスク/ゲーム拡張スロット/マイク/マウス/キーボード接続
yiqar
¥1,299(2022/05/25 07:27時点)
【最新型2-in-1 USBカメラアダプタ】APPをダウンロードする必要はなく、設定する必要もありません。面倒なドライバは無し、アダプターを接続するだけで、すぐデータを読み出し、仕事の効率を高めます。充電ポートを追加しました、設備を充電しながら接続できます、それを使うと、スマホとi-Padが電池切れる心配がありません。(※ご注意:充電インターフェースは ケーブル電源充電のみをサポートし、ヘッドフォンまたはオーディオ出力はサポートしません。)

PDA / iOS Device / Apple WatchRECORDING
この記事をシェアしてくれると、とても嬉しい😆
いろんな WAVEFORM LAB をフォローください!
スポンサーリンク
波形研究所 所長

WAVEFORM LAB(ウェーブフォーム・ラボ) は音楽制作、デジタルライフ、イノベーションをテーマとするサイトです。

1997年、伝説の PDA、Apple Newton にフォーカスした [email protected] を開設、Newton や Steve Jobs が復帰した激動期の Apple Computer のニュースを伝えるサイトとして 200万アクセスを達成。2001年からサイトをブログ化、2019年よりサイト名を WAVEFORM LAB に改称、気になるネタ&ちょっとつっこんだ解説をモットーにサイトを提供しています。

いろんな WAVEFORM LAB をフォローください!
WAVEFORM LAB

コメント

タイトルとURLをコピーしました