Minimoog Model D Synthesizer – Moog 本家の Mimimoog iOSアプリが macOS に対応

PDA / iOS Device / Apple WatchRECORDING

Minimoog Model D Synthesizer

Moog の iPhone / iPad オフィシャルアプリ、Minimoog Model D Synthesizer が macOS に対応した。Apple Silicon を搭載する Mac で iOS / iPadOS アプリを動作できるようになったのだが、Minimoog Model D Synthesizer もこれに対応、スタンドアローンだけでなく、AUv2 そして VST3 でも使えるようになった。

Minimoog Model D Synthesizer

Minimoog Model D Synthesizer は人気が高いアナログシンセサイザー、Minimoog を再現したソフトウェア音源。シンセサイザーのレジェンドであり、インターフェイスも非常にシンプルな Minimoog Model D は各社からシュミレートしたソフトウェア音源やハードウェアがリリースされている。Model D については下記エントリーで解説している。

BEHRINGER Model D 速攻レビュー : 全世界で爆発的人気のアナログシンセサイザー
BEHRINGER Model D のレビューです。BEHRINGER Model D は1970年に発売された Moog Minimoog を完全再現したアナログシンセサ...

Minimoog Model D Synthesizer は本家による Model D アプリということもあって、しっかりとした作り。Model D の魅力を引き出した 160 をこえるプリセットもよく出来ていて、シンセ初心者にも強い味方になると思う。

Model D キーボードで発音できる

また、iPad でも使えるのかもしれないけれど、macOS のキーボードで発音することができる。タブキーでホールドしたり、オクターブキーもあるので UI のキーボードをいちいち操作しなくてもよい。キーボードタイプで発音、カーソルは CUTOFF なんて操作もできる。MIDI キーボードを接続しなくても試し弾きできるので便利だ。

プラグインで使うには AUv2/VST3 Wrapper をインストールする

AUv2/VST3 Wrapper

MacApp Store からダウンロードするとスタンドアローンの Minimoog Model D Synthesizer がインストールされる。AUv3 に対応している DAW ならこの状態で使えるはず。AUv2/VST3 プラグインで使うには、AUv2/VST3 Wrapper を導入する。macOS ユーザにはお馴染みの AU / VST のプラグインフォルダにコピーしてから、DAW を起動すればよい。

ちなみにベロシティだけでなく、 MPE もサポートししている。まぁ、アナログシンセだからね。どこまで使うか、というのもあるんだけど。

音楽制作をする人は買っておいて損はなし

価格は ¥3,060 で Minimooog 音源が手に入るんだから、これはマストハブだ。というか、このアプリを買わない理由がない。

これまで MONARK を使ってきたのでどうしたものか、なんて思ってるんだけど、まぁ、贅沢な悩み。まだ使い込んでないけど、ちょっと負荷は高めみたい(Reaktor ベースの MONARK と同等くらい)。もう少し使ってみて気がついたことがあったら報告します。

Moog では Model D 以外にも、Model 15 Modular Synthesizer もリリースしていて、これも macOS で動作する。気になる人はこちらもチェク!

‎Minimoog Model D Synthesizer
‎Minimoog Model D Synthesizer
‎Model 15 Modular Synthesizer
‎Model 15 Modular Synthesizer

ベリンガー アナログ・シンセサイザー MODEL D
Behringer(ベリンガー)
¥38,280(2022/09/25 10:41時点)
3系統のVCOを搭載したアナログ・シンセサイザー。深みと温かみに溢れた音作りを実現

コメント

タイトルとURLをコピーしました