工場閉鎖し金融支援要請 河合楽器

投稿日: カテゴリー: MUSIC

共同通信社の伝えるニュースによると、河合楽器製作所がピアノ生産工場である舞阪工場の閉鎖を含む再建計画を発表したようです。

河合楽器製作所は30日、ピアノを生産している舞阪工場(静岡県舞阪町)の閉鎖や国内子会社の再編を柱とした経営再建策を発表した。(中略)舞阪工場は、国内に二つあるピアノ工場の一つ。07年3月末までに閉鎖、従業員約300人は竜洋工場(静岡県竜洋町)に移る。現在22社ある国内子会社は統廃合で約半数に削減。成長が期待できる中国では、委託生産を拡大するなど生産・販売体制を強化する。 共同通信社

音楽好きでピアノが好き。今でも鍵盤楽器を弾いている、そんな僕の家にさえ生ピアノはありません。ピアノ販売はキツいのでしょうか。




工場閉鎖し金融支援要請 河合楽器」への2件のフィードバック

  1. 住宅事情考えるとピアノに限らず楽器の演奏は辛いですね。
    ウチに以前あった姉のアップライトも今は斜向いの子供の家に貰われていきましたが、
    その子が弾いてるピアノの音がウチまで聴こえてくるのだからマンションじゃ完全防音でもない限り無理ですよね。
    今はヘッドフォンをつけて弾けるキーボードやギター等ありますが、
    やっぱり体に直接響いてくる感じがないのは弾き手にとっては寂しいのでしょうね。

  2. こんにちは。
    なんだか、さみしい話ですねえ。
    日本の住宅事情を考えると、家に生ピアノを置くというのは、限られた家庭なのかもしれません。
    うちの実家にも、古いアップライトがありましたが、
    結婚して家を出る時に処分してしまいました。
    マンションには置けないし、あまり大きな音も出せないので。
    でも時々弾きたくなるんですよ、生ピアノ。
    キーボードじゃ物足りない時って、あるんです。
    未だに。
    ピアノだけでなく、楽器業界も、全体的に不況らしいですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください