Power Mac G5 の温度

投稿日: カテゴリー: COMPUTER

PowerMac G5 温度まだ環境のセットアップが続いています。 Battery / B4 / ReCycle などはマスターディスクが Mac OS 9.x の頃のもの。 Mac OS 9 では起動しないので Mac OS X インストーラーをハードディスクから探したりとちょっと大変だったりします。

まだ「このアプリはちゃんと起動するかなー?」と動作確認をしているところですが、 Digital Performer 4 でバッファを 128 にして、 KORG Legacy Collection 御三家(3つとも起動、 MIDI トラックから再生)、 Battery、 B4 Organ、 MachFive (32MB の RHODES を再生)という状態で Performance が半分くらい。アクティビティモニタでも CPU が振り切れません。ファンも動きますが爆音状態にはならず。ちょっと異常な世界。

何より、「あぁぁ、ミキサーウィンドウって、こんなに細かくメーターが振れたんだ」と画面描写に感動の嵐。なんせ、 PowerBook G4 667MHz の時はミキサーウィンドウはほとんど動作しなかったからなぁ。オートメーションでフェーダーを動かすと数値の表示が凄い勢いでスロットする。うーむ快感。

気になる温度ですが、高値安定ではないですがマザーボードなどは温度は変わらず推移します。だいたい右図な温度で推移します。このページにあるクリックすると動く水冷説明図が本当のようで、負荷は均等に分配されますが、 CPU A は CPU B を冷やした後の冷却水が循環するようで、温度が高くなっています。

今日はそんなところです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください