Power Mac G5 (なかば)逝く

MYSTUDIO

土曜日は浦安の花火大会だった。ベランダからばっちり見えるので、ビールで「飲ま飲まイエイ!」なんて感じで。で、日曜日になって、その時に撮影した画像ファイルを Power Mac G5 に取込みながらファイルを大量にドラッグしたとたん、 カーネルパニック。画面にターミナルの文字が割り込むという、ここ数年見たことがない画面が。気を取り直して再起動するものの、起動しない。う、なんかマズい予感。貴重な日曜日がぶっとびそうな予感。

予感は的中し、 Power Mac G5 を修理に出さないといけない模様。最初はハードディスクが逝ったかと思い、「 Super Drive から立ち上げてディスクをマウント、バックアップしてディスクを修復」を試みようとメディアからの起動(Cを押しながら起動)を試すが、なんと起動しない。というか、起動音もしない。

PRAM クリアもできない。何回かやっていると、普通に立ち上がった。あわててバックアップ、するもウチに 160GB をバックアップできるハードディスクがない。近くのケーズデンキで NAS を買ってくる。ケーズデンキなので商品も選べない。LHD-LAN160 を買う。1ファイル2GBの制約はないが、ファイルの文字数の制限がある。げげげ、バックアップもままならない。素直にシリアルATAのハードディスクを買えばよかった。

バックアップ中に、どうしても巨大なドラムキット(5GB)があり、アーカイブを試みたとたんにフリーズ。また起動にあれこれ試す。もー、号泣。いろいろやって分かったことは、

  • 起動しない時は起動音もしない。無音でファンが回る。ファンは少しずつスピードを増し全開になっていく。
  • シングルユーザモード、セーフブート、 PRAM クリア、メディア起動など、あらゆるキーコンビネーションを受け付けない。
  • SMU リセット(Late2004 の場合は電源を抜いて15秒待つ)をやると起動する確率が上がる。
  • 時々、「禁止サイン」による起動ストップがおこる時も。
  • メディア起動時は Apple マーク画面で停止する現象も起きる。
  • ハードディスクは異常がなかった。
  • メモリは問題なさげ。構成や刺す場所を変えたが状況には変化なし。メモリは純正。
  • Apple Hardware Test は「簡易テスト」「全テスト」ともにクリア。
  • オペレーティングシステムの問題ではない。復旧作業中に Tiger にアップグレードしてみたが、状況に変化なし。

なんとかバックアップは完了したので修理に出すつもり。起動チェックで死んじゃってる感じなので、本体修理しか手がない。今週末はフリーな時間があるので、音楽制作に打ち込もうと思ったのに(シクシク)。

MYSTUDIO
この記事が気に入ったら
フォローしてね!
最新情報をお届けします。
この記事をシェアしてくれると、とても嬉しい😆
いろんな WAVEFORM LAB をフォローしよう!
WAVEFORM LAB
タイトルとURLをコピーしました