MASCHINE Tips : MASCHINE Mk3 のヘッドフォンに Mac のオーディオ出力を流す

投稿日: カテゴリー: MYSTUDIO, RECORDING

Native Instruments MASCHINE 2.7
Native Instruments MASCHINE Mk3 はオーディオインターフェイスを内蔵している。Mac に MASCHINE Mk3 を接続すれば、ワンストップで音楽環境ができあがる。 MASCHINE Mk3 に外部シンセを接続したり、ターンテーブルからフレーズを取り込んだり。

YouTube でプラグインの紹介動画を見ていた時に気がついた。YouTube の音が Mac のスピーカーから流れていて、MASCHINE Mk3 のヘッドフォンに流れてこない。「そういえば、Mac のオーディオはどうやって流すんだろう?」と思った。「システム環境設定」の「サウンド」で MASCHINE Mk3 を出力として設定する。けど、ヘッドフォンから音が出ない。

MASCHINE アプリケーションの設定をみても USB 経由で流れてくるオーディオのルーティング設定がない。あ、あれ使うのか?と思ったら正解だった。あれ、ですよ。

Audio MIDI 設定でスピーカーを構成してあげるのだ

そう、久しぶりに使うのが Audio MIDI 設定。最近、めっきり使わなくなったけど、これを使う。手順はこう。

1. システム環境設定のサウンドで出力を MASCHINE Mk3 に設定する
システム環境設定のサウンドで出力を MASCHINE Mk3 に設定する

2. Audio MIDI 設定で MASCHINE Mk3 を選択する
Audio MIDI 設定で MASCHINE Mk3 を選択する

3. 右下の「スピーカーを構成」をクリック、ヘッドフォンを設定する
右下の「スピーカーを構成」をクリック、ヘッドフォンを設定する

MASCHINE Mk3 のヘッドフォンは Headphone L/R と表示されているはずだ。これを左右それぞれ設定して「適用」をクリック。ほら、iTunes や Safari 経由のオーディオがちゃんと MASCHINE Mk3 のヘッドフォンから流れてきたでしょ。

知っていれば簡単だけど、知らなかったら苦労する類の話だね、これは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です