iOS8・Yosemite:ファミリー共有

COMPUTERPDA / iOS Device / Apple Watch

ファミリー共有

OS X Beta Program がはじまりましたね。パブリックベータの Yosemite ビルド(14A299l)はディベロッパーに提供されているものより古いようです。OS X はリリースギリギリまで「大丈夫か?」という完成度が続くのでパブリックベータプログラムなんて大丈夫なのかなと思うのですが、データ消失などの重大障害に対してはある程度自信があるのかもしれません。

Yosemite というより iOS 8 の新機能にカテゴライズされている、ファミリー共有 が気になってます。家族で Apple ID の関連データを共有できる機能で、iTunes で購入した楽曲などのコンテンツ、アプリを家族でシェアできる、というもの。

家族で購入したアプリや楽曲をシェア(子供の代わりに親が買う)なんてシチュエーションは多いと思うので、これは朗報です。詳しい機能として、

  • iTunes Store / iBook Store / App Store で購入したコンテンツ・アプリをシェアできる
  • これらのストアでの支払いを統括・代行できる
  • 子供アカウントのコンテンツ購入を承認・否決できる
  • 写真・動画(フォトストリーム)をシェアできる
  • iPhoneを探すアプリで家族の位置やデバイスの位置を補足・共有できる
  • カレンダーをシェアできる、アラートを家族のデバイスにプッシュできる
  • 家族最大6人まで共有できる

という感じです。ファミリー共有に参加すると、Family Group が作成され、そこに設定された Apple ID はコンテンツをシェアできる、Family Group を離脱するとアクセス権利がなくなる(アプリだと再購入が必要に)仕組みです。対象は、iOS 8 / OS X 10.10 / Find My Friends 3.0 / Find My iPhone 3.1 / iCloud for Windows 4.0 に。

機能紹介ページによると、コンテンツの共有は iTunes Match のような動きをするようです。なのでストア購入以外のコンテンツ、リッピング楽曲データの共有も技術的には可能ですが、iTunes Match との差別化が出来なくなるので、基本、購入データのみの共有なのかもしれません。

家族で写真や位置情報をシェアするのは微妙ですが(笑)、Apple らしい機能と技術背景をうまく整理したソリューションだと思います。Mac の動作条件が OS X 10.10。Yosemite の対象機種は Mavericks と同じなので、ウチのリビング iMac (iMac Early 2008)はギリギリだな。

コメント